簿記3級独学のコツ 簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第33回

簿記3級がさっぱりわからないけど?

東京都江戸川区で女性限定簿記講座を開催しているおおきFP事務所です。

簿記を独学で学んでみたものの、さっぱりわからないというお声をボチボチいただきます。

そこで、WEB上でそんなお悩みを解決できたらいいなと思います。

まずは簿記アレルギーにかからずに、仕組みに慣れることが簿記学習のコツだと思っています。

多少無理ある雑な解説になる個所もありますが、この講義でざっくりと身に付けてテキストに戻ってしっかりと学習されるといいでしょう。

 

ご注意
大変申し訳ありませんが、当WEB講義内容についてご質問や疑問をいただいてもお答えすることはできません。
完全スルーいたしますのでご承知おきください。
誤字脱字などを発見した場合のご指摘連絡も無用です。
個人的にほくそえんでください。

 

 

 

簿記3級独学の必須教材

試験実施機関である日商編の問題集はかならず解いておいてください!!

 必須問題集!
※画像クリックでアマゾンに移動します

 

簿記3級独学:売上原価の計算式を簡便化する

今回は引き続き売上原価を学んでいきます。

漢字が並びすぎてかなり気持ち引いてしまいますから、短くしましょう。

 

商品棚卸高

当期商品棚卸高

商品棚卸高

 

色付けした部分で算式をつくります。

 

首+当期-末=売上原価

 

少し漢字アレルギー緩和されませんか??

簿記3級独学:売上原価の計算をしてみる

実際に数値を使って売上原価の計算を行ってみましょう。

次の金額を計算式にあてはめて売上原価を計算します。

 

期首商品棚卸高100円

当期商品仕入高1,000円

期末商品棚卸高200円

 

100+1,000-200=900

売上原価は900円ですね。

簿記3級独学:売上原価の計算要素

売上原価の計算に必要な要素は次の3つです。

 

期首商品棚卸高

当期商品仕入高

期末商品棚卸高

 

期首商品棚卸高は前期末から繰り越されてますからそのままの金額を使います。

当期商品仕入高は今年(当期)仕入れた金額を合計するだけです。

問題は、期末商品棚卸高です。

期末に売れ残っている商品と一口に言っても、仕入れのたびに仕入金額が異なる商品であればどの商品が残っているのか特定しないと金額が把握できません。

そこで、期末商品の金額を算定することが必要になります。

簿記3級独学:期末商品棚卸高の計算方法

期末商品の計算方法は次の2つがあります。

 

先入先出法

移動平均法


先入先出法は、先に仕入れたものから先に売り上げたと仮定して計算する方法です。

期末商品として在庫に残っている商品は後に仕入れた(決算時期に近い)ものになります。

移動平均法は仕入のつど、単価の付け替え計算を行います。

これは実際に計算例で確認しましょう。

 

単価100円で10個仕入れます。

仕入合計は1,000円です。

次に単価110円で5個仕入れます。

仕入合計は合計550円です。

ここで、最初に仕入れた商品と次に仕入れた商品で、商品は合計15個になります。

仕入合計は1,000円+550円で1,550円です。

1,550円分の商品が15個ありますから1個当たりは103円になります。

1,550÷15=約103円

 

これが単価の付け替えです。

商品を仕入れるつどこの計算を行います。

簿記3級独学:売上原価算出の仕訳

次は、売上原価の仕訳を確認しましょう。

売上原価の計算式通りに仕訳を行います。

計算式を先に確認しておきましょう。

数字はこの講義の最初の例を使用しています。

 

首100+当期1,000-末200=
売上原価900

 

売上原価の計算は仕入勘定で行うこととします。

これはどういう意味かというと、仕入勘定に前期の売れ残りを足して、当期の売れ残りを引いて売上原価を算出するということです。
計算式そのままですね。

まず【首+当期】を行います。

仕訳にすると次の通りです。

 

(左側)仕入100(右側)繰越商品100

 

この仕訳は、前期の売れ残りを今年の仕入れに足したことを表します。

首100+仕入1,000が行われました。

次に今年の売れ残りを引かなければなりません。

その仕訳は次の通りです。

 

(左側)繰越商品200(右側)仕入200

 

簿記3級独学:売上原価算出の仕訳パターン

いま、売上原価を算出する仕訳の仕組みを学んできました。

仕入勘定で売上原価を計算する仕訳はパターンで覚えてしまう人が多いので、こんがらがってしまう原因です。

何をしているのか?を理解されるとスムーズに進めるかと思います。

さて、そのパターン仕訳は次の通りです。

 

(左側)仕入 (右側)繰越商品

(左側)繰越商品(右側)仕入

 

この仕訳は、次の赤い文字で覚えます。

「しぃくりくりしぃ」です。

 

(左側)仕入(しぃ)(右側)繰越商品(くり

(左側)繰越商品(くり)(右側)仕入(しぃ

 

期首商品(前期の売れ残り)を今年の仕入に足す仕訳です。

 

(左側)仕入(しぃ)(右側)繰越商品(くり)

 

期末商品(今年の売れ残り)を引く仕訳です。

 

(左側)繰越商品(くり)(右側)仕入(しぃ)

 

本日はここまで!

お疲れさまでした。

 

簿記3級独学のコツ第34回簿記3級WEB講義はこちらからどうぞ
2020年5月8日アップ予定です。

簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第34回

 

第33回WEB講義(読み飛ばしてOK)後日ゆっくり読んでください

売上原価の計算

売上原価の計算は仕入勘定で行う場合と、売上原価勘定で行う場合があります。

この講義で学んだのは仕入勘定で行うケースでした。

売上原価勘定で売上原価を計算する場合は、期首商品棚卸高と当期商品仕入高を売上原価勘定に集め、期末商品棚卸高を売上原価勘定から控除します。

どこに各数字を集めるのか?という違いだけです。

どちらの場合も、期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高を行っています。