簿記3級独学のコツ 簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第17回

簿記3級がさっぱりわからないけど?

東京都江戸川区で女性限定簿記講座を開催しているおおきFP事務所です。

簿記を独学で学んでみたものの、さっぱりわからないというお声をボチボチいただきます。

そこで、WEB上でそんなお悩みを解決できたらいいなと思います。

まずは簿記アレルギーにかからずに、仕組みに慣れることが簿記学習のコツだと思っています。

多少無理ある雑な解説になる個所もありますが、この講義でざっくりと身に付けてテキストに戻ってしっかりと学習されるといいでしょう。

 

ご注意
大変申し訳ありませんが、当WEB講義内容についてご質問や疑問をいただいてもお答えすることはできません。
完全スルーいたしますのでご承知おきください。
誤字脱字などを発見した場合のご指摘連絡も無用です。
個人的にほくそえんでください。

 

 

 

簿記3級・小口現金を学ぶ

第17回は前回と同様で現金のお話です。

実務についていないと小口現金という言葉さえもお馴染みではないかもしれません。

小口現金はイメージをつかむことから入りましょう。

簿記3級・小口現金のイメージ

お母さんと小学生低学年の子を例にしましょうか。

駄菓子屋が近所にある設定です。

子供がうまい棒など10円、20円程度のお菓子を買うために毎日お母さんにお金をもらいに来たとします。

お母さんが用事しているときは、今すぐほしい子供の圧はちょっとうざい。

そこで、子供に一週間分100円渡すことにしました。

週末にお金の使いみちのメモを出すことによって、使った金額分を補充することにしました。

ん?

これって、お小遣い?

家計におけるお小遣いって仕組みは小口現金そのものですね。

細かい支出は子供が行って、お母さんに報告してまたお金をもらうという仕組みです。

お母さんは思いっきり手間が省けますよね。

簿記3級・小口現金3つの要素

話しを要約すると、お母さんは100円を子供渡して、週末に報告を受け使った分の補充をします。

3つの要素が入っていますね。

 

一定額(100円)

支給日を決める(週末に補充)

使途の報告(何に使ったか)

 

この3つの要素は小口現金のポイントです。

簡単に解説しておきますね。

毎週100円を週末に補充するというお約束でした。

子供はいくら使っても(10円だけしか使わなくても、100円全部使っても)週末には使った分の補充を受けて100円にしてもらいます。
これが一定額と補充する日の決定です。

補充に当たってはいくら何に使ったのかの報告が必要になります。

これが使途の報告です。

簿記3級・小口現金の仕訳を学ぶ

お母さんはまず最初にお金を渡しました。

子供にお金を渡したときの仕訳を確認しましょう。

お金を渡すわけですから、右側は現金です。

現金を渡した理由は、細かいことをやってねというお金を表す「小口現金」という勘定科目を使います。

 

(左側)小口現金100(右側)現金100

 

現金と区別するわけです。

次に子供がお金を使った報告に来た時の仕訳です。

文房具になんだあかんだあ100円使ったとしましょう。

(子供ですからね、全額使いきってきますって)

文房具は消耗品費を使いましたね。

 

(左側)消耗品費100(右側)   

 

さて、右側は?

消耗品費は何から支払っていますでしょうか。

お母さんが渡した小口現金からですよね。

そこで、右側には小口現金を記入します。

 

(左側)消耗品費100(右側)小口現金100

 

ここで、今の2つの仕訳を並べてみますね。

 

◆お金を渡したとき
(左側)小口現金100(右側)現金100


◆お金を使ったと報告があった時
(左側)消耗品費100(右側)小口現金100

 

小口現金が左右に書かれていますね。

消してみましょう。

 

◆お金を渡したとき
(左側)小口現金100(右側)現金100


◆お金を使ったと報告があった時
(左側)消耗品費100(右側)小口現金100

 

残った仕訳は、消耗品100円(勘定科目は消耗品費)を現金で購入したことを表していますね。

簿記3級・小口現金を補給してください

お金ください。

そのために子供は報告に来ました。

お母さんは使った分のお金を補充しましょう。

仕訳で確認します。

小口現金を現金で100円補充した。

 

(左側)小口現金100(右側)現金100

 

お母さんと子供の例で見てきました。

小口現金のイメージはつかめたでしょうか。

本日はここまで!

お疲れさまでした。

 

簿記3級独学の必須教材

試験実施機関である日商編の問題集はかならず解いておいてください!!

 必須問題集!
※画像クリックでアマゾンに移動します

 

簿記3級独学のコツ第18回簿記3級WEB講義はこちらからどうぞ
2020年4月22日アップ予定です。

簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第18回

 

簿記3級第17回WEB講義(読み飛ばしてOK)後日ゆっくり読んでください

定額資金前渡法(インプレスト・システム)


一定の小口現金を前渡する方法を定額資金前渡法といいます。

インプレスト・システムという言い方も一緒に抑えておいてください。

どちらで表現されてもわかるようにしておきましょう。

小口現金で賄う期間単位は1カ月単位、週単位など任意で設定します。

補充するタイミングは、月初、月末、週の初め、週末などこちらも任意で設定します。

 

小口現金

少額の現金取引を小口現金係に管理してもらうことで社内会計の煩雑さを減らす仕組みです。

現金を管理する経理さんと、小口現金を管理する小口現金係さんの2人が登場しますので仕訳を行う際は注意が必要です。

現金係が仕訳をするタイミングは、現金支出時と報告を受けた時です。

小口現金係が報告を行うときは、

お母さんと子供の例で再度確認していただけたらと思います。

お疲れさまでした。