簿記3級独学のコツ 簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第9回

簿記3級がさっぱりわからないけど?

東京都江戸川区で女性限定簿記講座を開催しているおおきFP事務所です。

簿記を独学で学んでみたものの、さっぱりわからないというお声をボチボチいただきます。

そこで、WEB上でそんなお悩みを解決できたらいいなと思います。

まずは簿記アレルギーにかからずに、仕組みに慣れることが簿記学習のコツだと思っています。

多少無理ある雑な解説になる個所もありますが、この講義でざっくりと身に付けてテキストに戻ってしっかりと学習されるといいでしょう。

 

ご注意
大変申し訳ありませんが、当WEB講義内容についてご質問や疑問をいただいてもお答えすることはできません。
完全スルーいたしますのでご承知おきください。
誤字脱字などを発見した場合のご指摘連絡も無用です。
個人的にほくそえんでください。

 

 

 

銀行口座を持ってますよね?

第1回の講義から前回の第8回講義までずっとお金の支払いは現金オンリーで行ってきました。

一般家庭でも銀行口座を開設しているように、会社も銀行口座を持っています。

第9回の今回は銀行口座を学んでいきましょう。

銀行にお金(現金)を預ける

たくさんのお金(現金)を手許に置いておくと盗難リスクがあります。

銀行にお金を預けておくと手許にあるより安心(?)ですよね。

私たちの日常生活において家にたんまりお金を置いている(タンス預金)人は稀だと思います。

日常的に銀行口座を利用してお金(現金)を預ける、引き出す行為を繰り返して生活してます。

会社も同じです。

銀行口座を利用して現金の出し入れなどを行っています。

銀行口座への現金の入出金をどのように簿記では仕訳けを行っていくのか早速見ていきましょう。

銀行にお金を預けるということは、お金を銀行に渡す(支払う)ことですから、右手で行いますね。

現金を銀行口座に預け入れれば、手許の現金が減ります。

簿記3級最強ルールのお金を支払うバージョンのフォーマットを使用します。

銀行口座は「普通預金」という勘定科目を使います。

実際に仕訳で見ていきましょう。

現金100円を普通預金に預けた。

 

(左側)普通預金100(右側)現金100

 

これ、大丈夫ですか?

意外とこの取引に引っかかる人が多くいます。

どこでこんがらがるのか私にはよくわからないのですが、「え?あれ?」となっています。

手許の現金を銀行に預けました。

手許の現金が減って銀行口座の残高が増えますよ。

 

複数の銀行に口座がある場合

私たちは日常で複数の口座を使い分けていますよね。

ちなみに、無意味に口座を分けて家計の把握が収集つかなくなっている人も相当数います。

会社も複数の口座を持っていることが多いでしょう。

その場合に、どの口座へお金を預けたのかわかると便利ですよね。

そこで、口座が複数ある場合は「普通預金A銀行」「普通預金B銀行」と具体的な勘定科目を使います。

仕訳で確認しましょう。

現金100円をA銀行へ預け入れた。

 

(左側)普通預金A銀行100(右側)現金100

 

普通預金にA銀行が付け加わっただけですから、この仕訳は大丈夫ですね。

銀行からお金(現金)を引き出す

普通預金口座へお金(現金)を預け入れる取引の仕訳を学びました。

お金を普通預金口座へ預けたら、引き出すこともあります。

今度は普通預金口座から現金を引き出す仕訳を学びましょう。

普通預金口座から現金を引き出すという行為は、=(自分の普通預金口座から)現金を受け取る行為です。

お金を受け取るのですから、左手を使います。

右側はお金を受け取った理由を書き入れます。

仕訳で確認しましょう。

普通預金口座から現金100円を引き出した。

 

(左側)現金100(右側)普通預金100

 

口座が複数あるケースも一緒に確認しておきましょう。

普通預金A銀行口座から現金100円を引き出した。

 

(左側)現金100(右側)普通預金A銀行100

 

手許の現金が増えて、銀行口座残高が減ったという取引です。

簿記3級独学・定期預金を学ぶ

さて、普通預金口座以外にも私たち銀行口座を保有していませんか?

ない?

ない?

定期預金してない?

定期預金の利率も今は低いですからね。

定期預金を利用していない人も多いかもしれません。

定期預金は預入期間を決めて、その期間が終了(満期といいます)するまで原則お金を引き出せません。

仕訳は普通預金口座のパターンと同じです。

使用する勘定科目が普通預金ではなく「定期預金」になります。

複数の口座がある場合は「定期預金A銀行」「定期預金B銀行」です。

下記で確認してください。

 

◆定期預金にお金を100円預け入れる
(左側)定期預金100(右側)現金100

◆(満期時)定期預金からお金を100円引き出す
(左側)現金100(右側)定期預金100

◆複数の定期預金口座があるケース
定期預金A銀行に100円預け入れる

(左側)定期預金A銀行100(右側)現金100

◆複数の定期預金口座があるケース
定期預金A銀行から100円引き出す

(左側)現金100(右側)定期預金A銀行100

 

簿記3級独学・預金から預金バージョンも学ぶ

ここまで銀行口座と現金のやり取りを見てきました。
A銀行の口座からB銀行の口座へお金を移すような口座間で資金移動をする場合もありますよね。
仕訳で確認しましょう。

A銀行普通預金からA銀行定期預金へ100円預け入れた。

 

(左側)定期預金A銀行100
      (右側)普通預金A銀行100

 

出来ましたか?

ここちょっと不安です。

冒頭にもお伝えしましたが、預金と現金が絡む論点は皆さん混乱しがちです。

簿記3級最強ルールを使って現金で練習してきたとおりに考えてください。

お金をもらう(入金する)方は定期預金A銀行口座ですね。

左手です。

お金を払う(出金する)方は普通預金A銀行口座です。

右手です。

簿記3級独学・当座預金を学ぶ

最後に当座預金も学んでおきましょう。

銀行引き落としを申し込む用紙に、銀行預金口座タイプの選択部分があります。

 

(普通) (当座)

 

一般的にはどちらか丸で囲むスタイルです。

見たことありますよね?

当座ってなに?と思いつつ深く追求せずに私たちは普通に丸を付けます。

その当座預金口座がここでののお話です。

当座預金は会社や個人事業主さんなどが手形や小切手の支払いに使うものです。

手形も小切手もまだ学んでいませんから、当座預金口座は商売でつかうものなんだなぁと思っていてくれて十分です。

使用する勘定科目は「当座預金」です。

当座預金も複数口座を保有している場合は、「当座預金A銀行」「当座預金B銀行」と区別して表示します。

 

当座預金に現金を預け入れた仕訳を確認しておきましょう。

当座預金に現金100円を預け入れた。

 

(左側)当座預金100(右側)現金100

 

本日はここまで!

お疲れさまでした。

 

簿記3級独学の必須教材

試験実施機関である日商編の問題集はかならず解いておいてください!!


※画像クリックでアマゾンに移動します

 

簿記3級独学のコツ第10回簿記3級WEB講義はこちらからどうぞ
2020年4月14日アップ予定です。

簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第10回

 

簿記3級第9回WEB講義(読み飛ばしてOK)後日ゆっくり読んでください

当座預金

当座預金は現金の代わりに支払われた手形や小切手を決済するための業務上利用する預金です。

決済用預金に該当しますので、元本は全額保証されます。

利息は付きません。