簿記3級独学のコツ 簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第6回

簿記3級がさっぱりわからないけど?

東京都江戸川区で女性限定簿記講座を開催しているおおきFP事務所です。

簿記を独学で学んでみたものの、さっぱりわからないというお声をボチボチいただきます。

そこで、WEB上でそんなお悩みを解決できたらいいなと思います。

まずは簿記アレルギーにかからずに、仕組みに慣れることが簿記学習のコツだと思っています。

多少無理ある雑な解説になる個所もありますが、この講義でざっくりと身に付けてテキストに戻ってしっかりと学習されるといいでしょう。

 

ご注意
大変申し訳ありませんが、当WEB講義内容についてご質問や疑問をいただいてもお答えすることはできません。
完全スルーいたしますのでご承知おきください。
誤字脱字などを発見した場合のご指摘連絡も無用です。
個人的にほくそえんでください。

 

 

 

簿記3級最強のルールを復習

第6回の講義も簿記3級最強ルールで仕訳をサクサク切っていきましょう。

今回は特に難しい部分はありません。

第1回から第5回講義のプラスアルファ部分を学んでいきます。

難しくないのかぁとリラックスはOKですが、仕訳は必ず紙に書いて(手抜きダメ)読み進めてくださいね。

いつも通り簿記3級最強ルールを確認しておきましょう。

お金を受け取るときは左手、お金を支払うときは右手でしたね。

そろそろフォーマットを見ないでも大丈夫になってますか?

いや、不安なのでフォーマットを今回もしつこく確認しておきますね。

お金を受け取るときのフォーマット

 

(左側)現金(右側)受け取った理由

 

お金を支払うときのフォーマット

 

(左側)支払った理由(右側)現金

 

簿記3級最強ルールを確認したところで、早速第6回の講義内容に入っていきましょう。

 

簿記3級独学:従業員と役員に対する貸付金は明確にする

お金を貸す、借りる取引は、第4回講義で学んだ通り「貸付金」「借入金」という勘定科目で表しましたね。

会社外部との取引はこれでOKです。

しかし、従業員や役員に対する貸し付けや借入れについては、「だれに」を明確にします。

従業員にお金を貸し付けた場合は、「従業員貸付金」という勘定科目を使います。

役員(社長や取締役など)にお金を貸し付けた場合は、「役員貸付金」です。

仕訳で確認しておきましょう。

 

1・他社に現金で100円を貸した場合
(左側)貸付金100(右側)現金100

2・従業員に現金で100円を貸した場合
(左側)従業員貸付金100(右側)現金100

3・役員に現金で100円を貸した場合
(左側)役員貸付金100(右側)現金100

 

大丈夫ですよね?

貸したお金を返してもらった時の仕訳も確認しておきましょう。

 

1・他社に貸した現金100円が返済された場合
(左側)現金100(右側)貸付金100

2・従業員に貸した現金100円が返済された場合
(左側)現金100(右側)従業員貸付金100

3・役員に貸した現金100円が返済された場合
(左側)現金100(右側)役員貸付金100

貸したお金が返済されるということは、お金を受け取ることですよね。

現金100円を左手で受け取ります。

右側にはお金を受け取った理由を書きます。

簿記3級独学:役員に対する借入金は明確にする

借入金も貸付金と同様です。

会社外部(銀行)からお金を借りる場合は、第4回講義で学んだ通り借入金です。

従業員や役員に対する貸し付けや借入れについては、「だれに」を明確にします。

と、書きましたが、会社が従業員からお金を借りることはありませんから、従業員借入金はありません。

社長に呼び出されて、会社がピンチだからお金貸してくれなんて言われたら驚きますよね。

しかし、役員(社長の個人財産を会社に投入する)借入金はあり得ます。

勘定科目は「役員借入金」です。

仕訳で確認しておきましょう。

 

銀行から現金で100円借りた
(左側)現金100(右側)借入金100

役員から現金で100円借りた

(左側)現金100(右側)役員借入金100

 

これも大丈夫ですよね。

借入金の頭に役員と付け加えただけですから。

では、返済したときの仕訳も確認しておきましょう。

 

銀行から現金で100円借りた
(左側)借入金100(右側)現金100

役員から現金で100円借りた

(左側)役員借入金100(右側)現金100

 

借りたお金を返しますから右手でお金を支払います。

左側にはお金を支払った理由を書き入れますから、借入金ですね。

簿記3級独学:従業員に対する預り金も明確にする

預り金は前回の講義で少し学びました。

所得税預り金と社会保険料預り金です。

今回は貸付金借入金と同じく外部と従業員、役員に対する預り金を明確にすることを学びます。

※役員に対する預り金「役員預り金」は2級の範囲なので省きます

取引先などから一時的に預かったお金は「預り金」勘定で表します。

従業員から預かったお金(社内預金など)は「従業員預り金」勘定です。

お金を預かるのですから、お金を受け取りますよね。

左手でお金を受け取ります。

仕訳の右側にはお金を受け取った理由を書き込みます。

 

取引先などから一時的に現金100円を預かった
(左側)現金100(右側)預り金100

従業員から現金100円を預かった

(左側)現金100(右側)従業員預り金100

 

預かったお金を返したときの仕訳も見ておきましょう。

 

取引先などから一時的に現金100円を預かった
(左側)預り金100(右側)現金100

従業員から現金100円を預かった

(左側)従業員預り金100(右側)現金100

 

簿記3級独学:従業員に対する立替金も明確にする

今回第6回の講義で初めて学ぶのが立替金です。

ちょっと立て替えておいて。

なんて日常でもよくあるシチュエーションですよね。

一時的に(すぐ返してもらいます)お金を代わりに払ってあげる行為って感じでしょうか。

取引先などへの立て替えは「立替金」勘定で表します。

従業員への立て替えは「従業員立替金」勘定です。

立て替えは、相手の代わりにお金を払ってあげるわけですから、右手を使いますね。

お金を払った理由は立替金、従業員立替金です。

仕訳で確認しておきましょう。

 

取引先などへ一時的に現金100円を立て替えた
(左側)立替金100(右側)現金100

従業員に現金100円を立て替えた

(左側)従業員立替金100(右側)現金100

 

お金を立て替えたら返してほしいですよね。

返してもらった時の仕訳もマスターしておきましょう。

 

取引先などへ立て替えた現金100円が返済された
(左側)現金100(右側)立替金100

従業員立て替えた現金100円が返済された

(左側)現金100(右側)従業員立替金100

 

簿記3級独学:給料と従業員立替金との関係

前回の講義で給料を学んで、今回従業員立替金を学びました。

この二つを合体させて、従業員へ立て替えたお金を給料から差し引いて返してもらうケースを見ていきます。

混乱しないように前回の講義と同じシチュエーションで立替金を絡めましょう。

給料100円とします。

給料100円の内訳は現金で渡す分75円、所得税の預り金が10円、社会保険料の預り金が15円です。

従業員立替金は、個人生命保険料5円としますね。

会社が従業員に変わって保険料を保険会社に支払い(立て替え)従業員の給料から返してもらいます。

まず前提として会社が先に保険会社にお金を払います(立て替える)。

仕訳は次の通りになります。

 

(左側)立替金 5(右側)現金 5

 

給料日に従業員の給料からお金を返してもらいます。

給料100円の内訳が変わります。

現金で渡す分70円、所得税の預り金が10円、社会保険料の預り金が15円、立替金の返済分5円です。

仕訳で確認しましょう。

 

(左側)給料 100

    (右側)現金 70
        所得税預り金10
        社会保険料預り金15円
        従業員立替金5

※スマホで仕訳が見にくくなってしまうので左右一列ではなく二段書きにしました。

給料と従業員立替金との関係は前提から仕訳する

給料から従業員立替金を引く仕訳は皆さんかなり苦手なようです。

問題文からいきなり給料支給の仕訳を考えることが原因です。

慣れるまでは、前提部分の仕訳を一度メモして給料日へのお金の流れを考えるといいでしょう。

給料の仕訳は左右が一致しない間違いをよく目にします。

仕訳は左側の合計金額と右側の合計金額は必ず一致しましたよね。

ようく左右を見比べてください。

本日はここまで!

お疲れさまでした。

 

簿記3級独学の必須教材

試験実施機関である日商編の問題集はかならず解いておいてください!!

 必須問題集!
※画像クリックでアマゾンに移動します

 

簿記3級独学のコツ第7回簿記3級WEB講義はこちらからどうぞ
2020年4月11日アップ予定です。

簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第7回

 

簿記3級第6回WEB講義(読み飛ばしてOK)後日ゆっくり読んでください

日商簿記検定標準・許容勘定科目について

貸付金は、貸付金、従業員貸付金、役員貸付金と3つ勘定科目を分けて学習しました。

借入金は、借入金、役員借入金。

預り金は、預り金、従業員預り金、所得税預り金、社会保険料預り金。

立替金は、立替金、従業員立替金。

これらの勘定科目は日商簿記検定の標準的勘定科目を使用しています。

問題に特に指示がない場合は、この標準的勘定科目を使用したほうが無難でしょう。

日商簿記検定標準・許容勘定科目表は日商HPからダウンロードできますので、目を通しながら学習することをお勧めします。