支出は固定費・変動費・やりくり費に分類

pic_c013家計簿を付けて、家計管理をする上で
知っておいて欲しいことがあります。

それは、支出を3つに分けるということ。

どのように分けるかというと
・固定費
・変動費
・やりくり費
の3つに分けます。

支出をこのように分けるには、
家計をシステム化する上で大変重要です。

おおきの家計簿の特徴は、
このシステム化。

毎日毎日
仕事や家事育児に忙しいわけですから
お金のことばかり考えてられませんよね。

そこで、いったん仕組み化してしまって
お金のことを考える時間を減らしましょう。
というコンセプト。

そのために必要なのが、この分類なのです。

では、どう分類するのかを見ていきましょう。

固定費
これは、毎月同額の支出があるものです。
例えば、住居費、駐車場費、新聞代、自治会費など。

変動費
これは、毎月支出があるものの、金額に変動があるものです。
例えば、水道光熱費、ガソリン代など。

やりくり費
これは、上記以外の生活費で
手元でやりくるような支出です。
例えば、食費、日用品費、医療費、交通費、交際費など。

家計簿を長く付けていて、
見直し方がわからないという人の多くはこの分類をしていません。

そのため、どの支出項目を見直していけばいいのか
判断がつかないのです。

どのように分けていいのか迷ったら
毎月一定額の支出か、毎月支出するけど変動するのか
で、判断してみてください。