家計簿の書き方に迷う光熱費

51akelpv6gl__ac_us160_
「〇月分と記載されているのですが、この〇月の支出として家計簿に記入したほうがいいですか?」
このようなご質問を度々いただきます。

家計管理の期間(一カ月)によっては、迷うかもしれません。
例えば10月分電気代という請求書がきて、支払いが11月中旬だったりします。

光熱費の請求書って、お手元にありますか?
ガス、水道、電気
ちょっと、確認してみてくださいね。

結論から言えば、
月を合わせる必要はありません。

11月20日に10月分5,000円を支払っているのであれば
11月20日の支出に、光熱費5,000円と記帳してください。

無理に月を合わせようとすれば、
前月の光熱費部分が空欄のまま。

月を合わせること自体になんら意味はありませんよね。
無駄なことはしない。
これが、家計簿を楽にするコツです。

予算法を取っていればもっと楽です。
予算法についてはこちらで確認してください。

予算法を利用する場合は、実際に払った月に備忘記録をしておきます。
これは、来年度の予算を決めるためと、実際に予算で足りるかどうか検証するためです。

おおきの著書「超・家計簿術」の巻末に
年間の整理表を添付していますので、これで、光熱費の管理をしてください。

弊所の相談者さんたちの声を取り入れて
何度も改良して、このフォーマットに落ち着きました。

弊所の実際の相談現場で使用しております。