毎月赤字家計はヤバイ!原因は生活習慣にある?

毎月赤字家計はマズイ

家計簿歴35になった家計簿FP(ファイナンシャルプランナー)のおおきです。

年収600万円以上世帯の赤字家計家計改善が主な相談業務です。

え?

年収600万円以上世帯でも家計は赤字なの?と驚かれますでしょうか。

赤字になる家計の特徴として、年収はさほど関係がありません。

家計を管理していくのに大事なスキルは支出力です。

今回は、赤字家計にみられる借り入れ習慣について考えていきましょう。

 

急にお金が必要な時は……

こんなカードローンの広告をよく目にします。

個人的には、急なお金が捻出できない家計状態なのであれば、必要なのはカードローンではなく家計改善だと思います。

 

 

毎月赤字が習慣になるとなぜ怖いのか?

このページの結論とまとめを先にしますね。

毎月赤字の家計はいつかは貯蓄が底をつきます

家計内部で生活の不足分が賄えなくなれば(貯蓄ゼロ)、外部から借り入れ(借金)を起こすことになります。

慢性的にお金が足りないと、その状態に慣れてしまい家計の改善を試みなくなります。

足りないからちょっと借りておこうという思考が定着してしまうのです。

渦中にいると自分の状態を正しくとらえることができなくなります。

生活費不足による頻繁な借り入れは、まず間違いなく返済しきれません。

一日も早く、今の赤字家計状態が正常ではないと気が付いて家計の見直しを行っていただければと思います。

借金感覚が薄れる少ない返済額

月に1万円の返済なら大丈夫そう。

お金を借り入れる際はこんな感覚でしょうが、そもそも貯蓄がないということは「月に1万円の返済なら大丈夫そう」の、月に1万円をプールできない生活設計だったわけです。

貯蓄ができない収支の中で、さらに支出が増えればさらに貯蓄とは縁遠くなります。

返済金額の問題ではないのです。

返済額が月数千円だからOKとか、数万円だから借り入れは良くないとか、そういうことではありません。

問題は、余剰資金の出ない家計の体質です。

得た収入は、支出と貯蓄に配分されます。

この配分が適正であれば、長期目線で安心できる家計であるといえます。

逆に、不適正であれば、その不具合がどこかの時点で浮上してしまいます。

借入はその不具合が表立った状態です。

収入の配分が不適正であることを意味します。

家計設計のコツ家計を黒字化するために作り直す方法。

お金を貯めるコツは家計の設計方法にあり

 

毎月赤字から脱出するために借入のハードルを低くしない

お金が足りなくなると、借りて返済。

このような行為を繰り返していると、その状態に慣れてしまいます。

借り入れるハードルが低くなっていくのです。

初めて借り入れをするときはドキドキした人も、回を重ねて慣れることによって、生活のごく一部の行動とした感覚になってしまいます。

足りなければ借りる

まずは、この思考から抜け出さないと、家計の赤字は改善ができません。

悪い慣れ程怖いものはありません。

赤字家計を改善するコツ他所から借りるだけでなく、わが家のお金の一時拝借もよくあります。

赤字家計が貯金するコツは補填思考をやめること

 

赤字家計は気をつけたい!お金の使い方は生活そのもの

生活を支えているのがお金です。

例えば、食生活。

食を行うには、食材を購入する、飲食店で食事するなどお金を介在して行われます。

そのため、お金の使い方は生活そのものともいえます。

これは、毎日の生活の中で習慣化されていくものですから、意識をしないと改善点すら探せないということになりかねません。

実際に、赤字家計の相談者さんのセリフで一番多いのがこれです。

「贅沢していないのに家計が苦しいです」

赤字状態を習慣(毎月赤字)にしない

 

習慣というものは、自身にとっては当たり前の行動であり、その行動自体に疑問をいちいち抱かないものです。

歯を磨きながら、歯磨きの是非を考えませんよね。

ご飯を3食たべる行為にも疑問をあまり持たないと思います。

このように、すでに疑問を持たなくなった生活行動の中に、家計改善する要素が潜んでいます。

そのため、ご本人では気が付きにくいのです。

習慣づいた当たり前の生活の中にある問題を見つけ出すことは難しいからです。

毎月赤字でいる状態が長いとそれが習慣になってしまいます。

これほど怖いことはありません。

借金に慣れてしまった人は、借り入れること自体に疑問を持たなくなってしまうようです。

「なんで借金はダメなの?毎月返してるのに?」と、返されることも珍しくはありませんから。

借金習慣に気が付いたら速やかに改善する

あれ?

そういえばお金を借り入れしてるかも。

現金がなくてクレジット決済で支払い先送りが多いかも?

そんな風に感じたら家計を改善していきましょう。

収入の範囲内で支出を組み立ててみましょう。

収入の範囲内でしかお金は使えないのです。

とはいえ、赤字家計のほとんどは家計の状態をきちんと把握していません。

家計簿をつけて収支を把握することが家計改善の第一歩になります。

早急に取り組んでください。

赤字家計の貯金家計簿を買いに行く前にこちらを参照ください

市販の家計簿の選び方!コツををFPが伝授

 

 

 

拙著
超家計簿術では家計管理の基本をご紹介しています。


 わかりやすいと好評です。
※画像クリックでアマゾンに移動します