貯蓄できる人がやっている臨時出費を減らすコツ

貯蓄できる人は臨時出費をコントロールする

家計簿歴35年の家計簿FP(ファイナンシャルプランナー)おおきです。

家計のお悩みをたくさんいただきます。

貯蓄ができない原因に、想定もしていなかった突然の出費が挙げられます。

お金が少し貯まったと思ったら、その分だけ支出が発生してしまう。

「そうそう」と思った方は、臨時出費への対応方法を一緒に考えてみましょう。

 

 

臨時出費で貯蓄できない悩み

貯蓄ができたと思っても、その分の支出が発生してしまう。

そのため、結局プラマイゼロ。

このようなお悩みはかなり多く見受けられます。

急な出費でお金がない具体例

具体的な例で見ましょう。

臨時収入が5万円入ったA子さん。

早速、その全額を銀行へ貯金しました。

その数日後。

固定資産税の納付通知書が届きます。

「え~~!ボーナスはもう残ってないのに」

と、いうことで、先日貯金した5万円を固定資産税の納付にあてることにしました。

その臨時出費は本当に突然ですか?

このA子さんの例のほかにも、お金が浮いたと思ったら、家電が壊れた。

少しお金が貯まると、なぜか大きく出ていく事態が発生する。

このように貯蓄が上手くいかない人は、いつでも突然の出費に振り回されてしまいます。

突然、固定資産税の支払い用紙が届いた!

突然、家電が壊れた!

突然!○○!!!

想定外の臨時出費は、実は想定内の特別費

突然イレギュラーなことが生じると皆さん揃っておっしゃいます。

しかし、ほとんどが全く想定できなかったイレギュラーな事態ではなく、十分想定可能な特別費の支出だったりします。

そのため、浮いたと思ったお金は、実はその時すでに行き先が決まっていた可能性が高いのです。

行き先が決まっているのに、それを忘れていただけ。

この勘違いはかなり心にダメージを与えますから、突然必要になるお金を一度洗い出してみましょう。

臨時出費は特別費として計上貯金へのステップはしっかりと特別費を把握することです。

貯蓄できない人に多い「想定外出費」を把握する家計簿のコツ

 

一年単位で支出を確認する

突然必要になるお金のうち、ほとんどが事前に想定出来る特別費です。

まずは年単位でどのような支払いがあるのかを一度洗い出してみましょう。

ポイントは、一年に一度の年払い支出です。

忘れちゃいますよね。

一年に一回しか払わないものって。

しかし、その支払い金額が家計に負担を負わせるようであれば、予め想定しておかなければなりません。

通帳やクレジットカード支払い明細などを一年分ひっくり返して書き出してみましょう。

少し例を挙げておきますね。

・NHK受信料の年払い

・火災保険料

・年払いの生命保険料

・賃貸住宅の更新料(二年に1回)

・固定資産税

・各種年会費

・車関係費(車検は二年に一回)

 

想定外の臨時出費を考える

他にも、想定外の支出を考えておく支出があります。

こちらも少し例を挙げておきますね。

・冠婚葬祭

・家電の買い替え

・住居に関する修繕費

・自転車の買い替え、修理

・お年玉や交際費


このような支出は年を追ってみていくと、発生する可能性の高いコストです。

いわゆる特別費としてコントロールする類の支出項目です。

実際に発生してから慌てて金作するより、予め特別費としてお金を確保しておくと安心です。

いままで、お金が浮いた。

と、思っていたその金額は、浮いていたわけではありません。

浮くたびにイレギュラーな事態が起こったわけでもありません。

実は何かの支払いのためのPOOL分だったのです。

いかに家計支出の想定外をなくしておけるか

これが、純粋に貯蓄を増やすコツになります。

 

特別費と貯蓄は分けるPOOL分と貯蓄を混同すると危険な家計になります。

赤字家計から年間貯蓄150万円へ変身

 

特別費はPOOL口座で管理していく

特別費が洗い出せたら、いくらぐらい必要になるか金額を見積もりましょう。

見積もった金額を準備をする方法は2つあります。

特別費の金額を12で割って毎月積み立てていく

・特別費をボーナスから一部(残額は毎月家計から貯める)もしくは全額貯める

 

臨時出費用に特別費として積み立てていくお金は、POOL口座に移動させましょう。

 

生活費口座、POOL口座、貯蓄口座の3つを使うPOOL口座の使い方はこちらをご参照ください。

家計簿だけじゃない!貯金上手は家計の口座が3つのテク

 

特別費として取り分けた現金を生活費の口座に置いておくと間違いなく目減りしてしまいます。

必ずPOOL口座へ移動させましょう。

家計簿の書き方のコツPOOLしたつもりの現金がない!とならないために。

貯金できない人がやってしまうマズイ家計簿の書き方は家計を狂わせる

 

想定外の臨時出費を想定して、そのためのお金をあらかじめ確保しておくことが家計管理を楽にします。

今月は○○費を急に払ったから家計が苦しいという状態をなくしていきましょう。

そのためには、特別費に振り回されるのではなく、コントロールすることです。

 

拙著
超家計簿術では家計管理の基本をご紹介しています。


 わかりやすいと好評です。
※画像クリックでアマゾンに移動します