老後の貯金は2000万円必要?いくらあれば安心か家計から考えてみよう 

老後資金不足への不安は大きい

家計簿歴35年の家計簿FP(ファイナンシャルプランナー)おおきです。

家計のお悩みをたくさんいただきます。

メディアで報道されると、そのテーマに集中してお悩みが増えますね。

老後2000万円報道で増えた老後の備えに対する不安を今回は考えてみましょう。

老後資金はいくら貯蓄すればいい?

 

老後の貯蓄はいくらあれば安心か?

ぶっちゃけ、いくらあれば、老後の生活は安心だと思いますか?

頭に具体的な金額が浮かびますか?

ほとんどの人が漠然と「うーん……」となるのでは。

考えようとしても、ぼやぁー。と、している感じがありますよね。

そう、そこが、今回のテーマなのです。

老後2,000万円不足問題

金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」から、ざわざわしている老後資金をテーマにしてみましょう。

「老後資金は2,000万円必要」

こんな報道が駆け巡っていますよね。

報告書によれば、公的年金だけでは不足する金額が1,300万円~2,000万円となっています。

これは、月平均5万円程度の赤字を示しています。

ちなみに生命保険文化センターのデータだと月約6万円の赤字。

老後は赤字前提での試算

ここで抑えておいてほしい部分は、老後2000万円問題の老後必要資金の計算は毎月赤字になり、貯蓄を取り崩しながら生活していくことになるという問題提起部分。

「1,500万円では足りないでしょうか」

「どうしても2000万円は無理だと思います」

こんなお声を頂戴し、いかに金額がインパクト強いのか認識しました。

どうやら2000万円という数字だけが踊ってしまいましたが、そもそも2000万円という金額が問題なのではありません。

年金収入だけでは生活が苦しくなる可能性がかなり高いということです。

予め赤字が想定されているのであれば、備えておく必要はありますよね。

大事なのは、わが家にとって老後いくら必要なのかを把握して対応することです。

わが家の必要な老後資金を考える

老後資金にいくら必要だと思いますか。

こう聞いたときに、わが家は○○円です。

と、答えてくれた人は、まだお目にかかっていません。

逆に、いくら必要でしょうか。

と、聞かれることはよくあります。

以前、某新聞社さんの取材の時に、ずばり○○円と答えてください。

と言われ、無理です。と回答しました。

その理由は簡単です。

わが家の家計ベースで考えなければ老後の必要資金額はわからないからです。

老後は貯蓄を取り崩す可能性が高い

一概には言えないのがお金の話し

住宅一つとってみても各々条件は異なります。

住宅ローンが80歳近くまで残る人や、賃貸の人、住居費のかからない人。

様々です。

持病を持っていて医療費が高額な人、健康な人。

子供と同居、高齢者施設への転居を考えている人。

各家計で条件があまりにも異なるのに、一概にいくら必要ということはできません。

わが家をベースに考えることが大事

報告書にも記載がある部分ですが、日ごろから考えておくことが大事なのです。

さらに言えば、それを備えていくこと。

将来的に生活資金が枯渇しそうだと思えば、その金額を蓄えていかなければなりません。

では、どのようにそれを準備していけばいいのでしょうか。

今の家計簿から推測する老後必要資金

準備するといっても、漠然としている遠い(?)将来の老後生活をイメージすることはかなり難しいものです。

そこで、弊所で利用している簡単な家計イメージ方法をご紹介します。

現在の家計簿を作成してください。

ない人は現在の家計簿作成から必要ですね。

 

現在の家計収支が分かる家計簿がないと、老後の生活資金の話になりません。

家計簿がある前提で話を進めますね。

※家計簿がなくても、家計収支が把握できていればokですよ

現在の家計収支を前提に、65歳以降の家計収支表を作ってみましょう。

変わる部分がありますでしょ。

もろもろのローンが終わる、生命保険料が減る、食費が減る、医療費が上がるなど。

収入も変わりますね。

そういう部分を今の家計に加減してみましょう。

ある程度老後の生活が具体的になってきますよね。

収入がいくらあれば足りそうですか。

 

老後2000万円の貯蓄老後の家計を考えるには、収入にめどがつかないと難しいですよね。

老後資金の不安は2つの金額を確認して貯蓄に挑む

 

このようにわが家はどうか?という視点で具体的に家計を考えていきましょう。

報道に振り回されるのではなく、そういった報道をいい機会ととらえて、わが家のチェックをすればいいのです。

必ずしも2,000万円必要ではないかもしれませんよ。

 

家計管理手法など詳細は拙著【超・家計簿術】を参照ください。