特別支出は特別費で予算を確保する家計管理のコツ 

特別支出が家計を苦しめる

家計簿歴35年のFP(ファイナンシャルプランナー)おおきです。

家計簿や家計に関するお悩みをたくさんいただきます。

その中でも、特別支出のお悩みは多いですね。

家計の管理が上手くいかない人は「今月○○があったから家計が苦しくなりました!」という具合に毎月何かしらの特別支出が発生しています。

今回は、特別支出で家計が圧迫されないようにするにはどうしたらいいのか考えていきましょう。

 

 

 

家計のコントロールを難しくする特別支出

・今月は○○があったから苦しいのよ。

・今月は急遽△△出費があったから食費を削らなきゃ。

特別支出に手を焼いている様子が見られます。

しかし、ちょっと、待って!

ある相談者さんですけどね、毎月なにかしらの特別支出がみられます。

毎月名目は異なるものの、イレギュラーな支出が発生するのであれば、それは家計に組み込んだほうが管理しやすいですよね。

特別支出を想定する

まず、わが家はどのような特別支出があるのか把握してみてください。

月の通常の家計支出ではないものですよね。

お出かけ、手土産、冠婚葬祭とかでしょうか。

家計を組み立てるときに、このような特別支出を特別費として確保する財源を考えます。

特別費は家計から捻出するのかボーナスを財源とするかです。

どちらを財源にするとしても、予算立てをして、家計とは切り離してしまうことがポイントです。

家計はあくまでもルーティン支出のみ。

それ以外は、特別費として予算組んでお財布を別にしましょう。

特別費は月の家計費と別に確保する

家計から特別費として毎月一定金額確保できるのであれば、先取り貯金と同じく扱います。

ないものとして、別にする。

物理的にも別にしますよ。

お金を生活費口座においておけば、かならず生活費に消えてしまいます。

特別支出が生じたときに、使えるお金がないということになりかねません。

イレギュラーな支出に対応するための口座を作りましょう。

これ、プール口座と呼んでいます。
※詳細は拙著「超家計簿術」もご参照ください。

プール口座に資金を別に確保したら、そこからイレギュラーな支出を行います。

特別費と月の家計簿の記帳は別にする

すでに、家計簿上は家計と別枠にしたお金ですから、家計簿記入も別です。

月の家計簿に記入するのはやめましょう。

なぜなら、収支の時期が合わずに、凸凹家計が出来上がってしまいます。

たとえば、ボーナスをもらったのが6月としましょう。

6月の収入はボーナス分がプラスされます。

しかし、そのボーナスを財源として支出したときが8月であれば、収支の記帳時期がずれてしまいます。

高額な家電を購入したケースでは、その月の赤字が大きくなってしまいますよね。

支出した現金とも合いません。

特別支出は特別支出用のページにメモ書きで構わないので記入しておくといいでしょう。

必ず記入してくださいね。

と、いうのは、次年度の予算立て目安に使うからです。

特別費の支出は必ずメモっておく

書くという作業は本当に役に立ちます。

私たちは毎日忙しくて、お金の管理のことばかり考えているわけにはいきませんからね。

そりゃ、抜け落ちちゃいますよ。

特に、年に1回だけの支出だと忘れてしまうことが往々にしてあります。

すると、予算を立てるときに、当然ながら抜け落ちちゃうんですよね。

これ、まずいです。

資金不足を招いて、家計コントロールを崩す原因になります。

必ず、支出はメモって下さいね。

特別費のまとめ

ポイントをまとめますね。

 

特別支出として管理する費目を決めて予算立てをします。

プール口座を使用して管理。

記帳は月の家計とは別にメモっておきます。

 

これで、家計管理がかなりやりやすくなると思いますよ。

 

 

拙著
超家計簿術では家計管理の基本をご紹介しています。


 わかりやすいと好評です。
※画像クリックでアマゾンに移動します