楽しく節約するには、後残し貯金を導入しよう

節約というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。
家計が苦しくてなんとか知恵絞って切り盛りするのが賢い主婦の腕の見せ所。
赤字にしないように毎月トントンで頑張って乗り切る。
そのためには、光熱費や食費を少しでも減らして、買いたいものも我慢。
毎日数円単位でお金のことを考えている辛い家計生活。
こんなイメージありませんか。

節約で家計をコントロールしようとする行為は、かなり難しいものです。
と、いうのも、収入に対して適正な支出配分ができていないから節約が必要になるわけですよね。
まずは、収入の範囲内で、支出の割り振りを考えてみる必要があります。
節約部分は、ほとんどが光熱費や手許でやりくりする食費などです。
その部分に十分な配分がされているのかどうか検証してみなければなりません。

どういうことかというと、
毎月の食費や日用品に毎月コンスタントに8万円かかる家計なのに、5万円しか配分できていなければ3万円の赤字です。
そもそもこの時点で配分に無理があるのです。
赤字決定の家計なんです。
無理な状態を頑張って節約して収支トントンにしようとしたら、大変な労力です。

家計運営上無理な設定で節約しても、辛いだけでちっとも家計は楽になりません。
家計が苦しいな。
節約ばかりしているな。
そう感じたら、家計の支出配分を見直してみましょう。
その際大事なことは、貯金分は先に確保してください。
こうすることによって、やりくり部分から貯金する必要性がなくなります。

さて、配分を見直した結果、手許でやりくる8万円を配分できたのであれば、適正配分になりますから、その金額内で当然納めなければなりません。
とはいえ、この部分から貯金をする必要はありませんから、全額使い切っても問題はありません。
使い切って問題のないお金をセーブして残った分は、余剰分になりますよね。
これを個人的に「後残し貯金」と呼んでいます。
使っちゃっていいお金が残っているのですから、やりくり頑張ったママのへそくりでいいと思いますよ。
もちろん、家族においしいものをご馳走して還元しても良いでしょう。

後残し貯金=へそくり。

そう考えたら、同じ節約でもモチベーションが変わりませんか?
ワクワクしますよね。
家計が赤字にならないように必死で節約に励むより、残ったら自分のお小遣いになるのとでは大きく異なると思います。
楽しんで家計と付き合っていくためには、収入に対する支出配分をしっかりと考えることが大事です。

もうすぐお正月休み。
来年の家計簿をつけ始める前に、一度見直してはいかがでしょうか。