ママ起業と家計のバランス

ママ起業ブーム。
おうち起業支援家たくさん。

起業しようと思う。
そんなお声をチョイチョイいただきます。

その度にお伝えすることがあります。
今回はそのお話をご紹介しましょう。

弊所では、個人事業者の簡単な経営アドバイスも行なっています。
個人事業者だと、どうしても事業と家計がリンクしてしまうので、触れずに家計を整理できないからです。

ただ、今日のお話は
世帯主さんではなく、ママさんの起業。

「収入が必要なので、起業しようかと思います」
「起業とパートでは、どちらがオススメですか?」

考えなければならないのは、一つです。

「家計」

ママの収入がゼロでも家計になんら支障が無ければ、GOでも構わないでしょう。
この場合の家計に支障がないとは、今だけではなく将来においてもです。

子供がいる場合は支出が増加する時期も乗り越えられて、さらに老後資金も確保できる算段があれば。という意味です。

このようなケースでは、家計に一切手をつけない条件であれば問題ないでしょう。
要は、ママの収入をあてにしなくても家計にとってなんら影響がない状態であればということです。

相談を受けていて感じるのは、ここを冷静に見ている人は少ないようです。

「今何が家計に必要なのか?」

家計が苦しくて家計にお金を入れる必要があるなら、選択はパートもしくはフルタイムです。

起業するな。
と、言っているわけではありません。

起業のタイミングでは無いのです。

なぜなら、起業して収入が得られるのはいつですか?
いくらですか?

家計はその間、もちますか?

ママが起業して収入得られず、子供に奨学金で大学へ。
なんて本末転倒かと思います。

一度起業してしまうと、収入がないにもかかわらずなかなかやめる決断ができないようです。

そのため、起業しようかな?と、頭をかすめたら、
「家計」の棚卸をきちんとして、せめてCFを作って簡単でも確認してください。

しわ寄せは必ずどこかに現れます。
甘い誘い文句に心奪われることなく、
家族に行かないよう、きちんと計画を立てて冷静に判断することをお勧めします。