赤字を発生させないことの重要性

最低限身に付けるべき金融リテラシー(お金の知識・判断力)として、赤字を発生させないことの重要性の理解をあげています。
※出典:金融リテラシーマップ
金融経済教育推進会議2016年1月

赤字を発生させない。
一言で言えば、そうなのですが、これは意外と奥が深いのです。

赤字を発生させないためには、収支のバランスを考えることが必要になります。
収支のバランスを考えるということは、必要なものと欲しいものの区別をつけ、さらに購入するものの優先順位を考えることになります。

収入の範囲内で支出を抑えるためには、「計画」も立てなければなりません。

赤字を発生させないためには、このようにいろいろなスキルが必要です。
いままで家計の管理を行っていなかった人が、いきなり赤字から黒字に変身することはまずありません。

なぜなら、今見てきたようなスキルがないからです。
では、どこから始めればいいのか?ですが、スタートはここです。

「赤字家計を脱出したい」と、決めること。

赤字を続けていけば、必ず貯蓄ゼロへのカウントダウンがはじまります。
今現在ある貯蓄を取り崩して赤字を補てんしていくからです。

赤字額と貯蓄額にもよりますが、いつまで貯蓄が持つのかは大きな問題です。
貯蓄がゼロになったらどこから補てんしますか?

貯蓄が底をついて、急にまとまったお金が必要になったら?

「家計が苦しくて」
「赤字なんだよね」
と、挨拶のように口にする人がいますが、そういってなぜ笑っていられるのか理解しがたいところです。

赤字を発生させないことは、最低限身に付けるべき金融リテラシーだと記載されています。
まずは、赤字脱出をしましょう。

そのために身に付けるスキルは、宣伝になってしまいますが、家計簿インストラクター講座での利用で7時間で身に付きます。
ぜひ、ご利用ください