家計簿Q&A14 給料日が1日以外の人の家計簿

家計簿を付けるにあたって、わが家の給料日を意識する人は多くないことでしょう。
しかし、じつは、家計簿を選ぶためにはとっても大事なことなのです。

多くの家計簿は1日~末までを一か月としたカレンダータイプのものです。
このようなタイプは、1日が給料日であれば使いやすいのですが、
1日以外の給料日の家計にはとても使い勝手が悪いのです。

実際に記入していて、そのように感じたことはないでしょうか?

その原因は、家計の一か月単位の設定にあります。

家計管理の一カ月単位設定はどの様にしていますか?
1日が給料日の場合は、1日~末日で、カレンダー式の家計簿とも一致します。

しかし、
20日が給料日の場合は、どうでしょうか。

二通りの方法が考えられます。
・給料日に関係なく、1日~末日を単位とする
・20日~翌月19日(給料日~給料日前日まで)を単位とする

前者の場合は、資金繰りが結構大変ですが、この方法をとられている人は少なくありません。
後者の場合は、カレンダー式家計簿を利用する場合は、記帳が二か月にまたがるので、
ややこしいことになります。

どちらにしても、使い勝手はよくないと言えます。

わが家の給料日が1日以外の人は、
出来る限り、カレンダー式家計簿ではないものを選ぶ方がよいでしょう。

日付が自由に記載できるタイプの家計簿をおすすめします。