家計に不確定要素を持ち込まない

これから住宅ローンを組もうかとお考えであれば
是非、ご一読ください。

固定金利を選ぶのか、変動金利を選ぶべきか

マイホーム購入の理由は様々
・子供が誕生して手狭になった
・リタイア後に戸建てからマンションへの買い替え
・生涯独身の可能性が高まったので、住居の確保  ほとんどのケースで、
住宅ローンを組むことになります。

仮に3,000万円を借り入れて35年の返済としましょう。
35年間全期間固定金利であるフラット35を利用した場合は
月返済は86,373円となります。
(2017年1月のフラット35金利 融資比率9割以下1.12%)

一方、変動金利を利用した場合
毎月の返済額は79,544円です。
(2017年1月の大手金融機関変動金利の優遇金利例 0.625%)

月の支払い差額は、6,829円となります。
※フラット35利用による団体信用生命保険料は別途かかります。

上記比較すると、変動金利の方がお得に感じてしまいます。
しかし、変動金利で借入時に適用される金利は、(この場合0.625%)
半年間です。
変動金利は、半年ごとに金利の見直しがあります。

毎月の返済額が一定である場合は、
金利が変更になっていることも気が付きにくいものです。

金融機関からは、お知らせ(返済計画表)が届くのですが、
金利の増減比較をする人はあまりいません。

金利が変わると、何が困るのか?

金利が変わるということは、返済している内容が変わるということです。
簡単にいえば、
金利が上がれば、元金の減りがその分少なくなり、
金利が下がれば、元金がその分減ります。

問題は、前者のほうです。

借り入れた金利が35年間続けば、
毎月返済を行っていくことにより、35年後に完済することができます。
しかし、金利変動により、元金の減りが借入時の計算通りにいかなくなると、
35年後に完済しきれなくなるわけです。

金利の上昇幅によって、
どの程度の残債が残るのかわかりませんが、
35年間、どの程度金利が動いていくのか予測することは不可能です。

家計管理が苦手なら、リスクを取らない

弊所に家計相談で訪れる人の多くは、
借入金利のタイプと借入時の金利、現在の金利を把握していません。
わが家が固定金利であるのか変動金利であるのかわからないのです。
もちろん、
変動金利と固定金利の違いも分からない人は珍しくありません。
返済計画表の見方もわからない。

住宅購入時に、試算されたとおりにローンを組み、
ローンを組むと決心した部分は、「毎月の返済額」。
その金額が払えるかどうかで、購入を決めてたそうです。

と、いうことは、
最初に提示された通りにローンは組むものの
金利タイプはあまり重視されていない傾向にあると言えます。

返済計画表の見方もよく分からないということを鑑みると
借り入れ後は、借入時の返済額が口座から引き落とされていれば
それ以外のことは気にしていないということです。

順調に返済している
と、思っているということになります。

こういう傾向がみられるのは、家計管理の苦手な家計です。
金利変動をこまめにチェックしたり
金利上昇時でも対応できる家計を作っていたりということが苦手な家計は、
わざわざ苦手な部分を家計に取り入れなくても良いのではないでしょうか。

先の例で、フラット35の1.12%の金利をご紹介していますが、
固定金利でもこのように十分低金利です。

家計に不安な要素を組み込み、
家計管理をわざわざ大変にしなくてもいいのではないでしょうか。

※ここでは、簡単に住宅ローンについてお伝えしています。
細かいことなどは、実際にご相談時にお尋ねください。