奨学金を考える:大学資金の作り方・児童手当は家計費にしない

現行では、児童手当を全額貯めていくと約200万円になります。

【児童手当】

0歳~3歳未満 15,000円/月
3歳~小学校修了まで 10,000円/月(第三子は15,000円/月)
中学生 10,000円/月

※一定以上の所得の場合は一律5,000円/月。

居住地によっては独自の給付もあります。
江戸川区の場合はゼロ歳児に乳児養育手当13,000円/月(所得制限あり)があります。

児童手当をコツコツと全額貯めれば約200万円になるのですが、貯められていない家計が多いようです。
では、児童手当はどこに消えてしまっているのでしょうか。

家計の口座に児童手当の振り込みを指定していると、よほど注意しておかない限り家計に流れてしまいます。
家計簿を拝見していても、児童手当を月の収入と見込んで収入に加算しているケースは珍しくありません。

なぜか、固定収入となっています。
なぜか、家計の一部として計算されています。

児童手当は、子供のためのお金として、将来の大学資金に貯めていきましょう。
全額貯めれば約200万円です。

仮に大学費用が500万円だとしましょう。
200万の貯金があるなら、足りない分は300万円です。
奨学金で残りを賄っていくことになるでしょう。

しかし、貯金がゼロであれば、全額借り入れなければならなくなります。
この場合には注意が必要です。
奨学金は大学入学後に振り込まれますから、入学前の資金には間に合いません。

入学金と、前期の授業料は合格発表から一定の期間までに納めなければなりません。
そうなると、国の教育ローン等の検討も必要になってきます。

大学進学が目前に迫ってきたときに、お金の工面で頭を悩ませなくてもいいように、児童手当に手を付けることなく貯めていくことをおすすめします。