奨学金制度:保証について知っておく

奨学金を借り入れる保障制度は2種類ある

前回は、教育費の準備と奨学金の話しの入り口として、種類と利息について触れました。

今回は、保証制度についてみておきましょう。

お金を借りるにあたって、「保証人」を求められます。

JASSO(日本学生支援機構)の保証制度は2種類あります。

「人的保証」と「機関保証」です。

お金を借りるのは子供

まず、確認しておきたいのが、奨学金を借りるのは、学生本人ということ。

返済の義務は子供です。

その連帯保証人として、未成年者は親権者(原則として父母のどちらか)となっています。

簡単に言うと、大学へ行く子供がお金を借りて、親がその返済を保証するわけです。

連帯保証人には、お金を借りる子供と同じく、借りたお金を返す責任が生じます。

連帯保証人のほかにも保証人が必要

連帯保証人以外に保証人も求められます。

原則として、学生本人及び連帯保証人と別生計で、父母を除く4親等以内の親族が条件です。


機関保証制度は保証料が必要

一方、機関保証は、保証機関に保証を依頼し、連帯保証を受ける制度です。

利用するには、保証料が必要になります。

保証料は別途用意するのではなく、毎月振りこまれる奨学金からあらかじめ差し引かれます。

どちらを選ぶか?

どちらかの保証制度をを選ぶわけですが、家計がカツカツであったり、収入の高くない家計、預貯金が少ない家計などは機関保証を選んだ方が無難です。

家計が苦しい状態では、保証料がもったいないからと避ける傾向にあります。

確かに保証料は決して安くありません。

しかし、連帯保証人、保証人の負担を避けるのであれば、必要コストになるのでしょう。

保証料はいくら?

では、気になる保証料ですが、JASSOのHPからは保証料の計算方法が見つけることができませんでした。
(知っている人がいたら教えてください)

そこで、JASSOが公表している資料から。

第二種の場合の保証料月額の目安

月貸与額が50,000円であれば、4年間で約10万円。

どちらの保証制度を利用するのか、ご家庭でしっかりと話し合うといいでしょう。

※制度は変更されることがあります。
ご利用にあたっては必ず最新の情報をJASSOのHPでご確認ください。