家計管理の苦手な人はこれが苦手

家計管理が苦手な人の傾向として、
情報の整理が苦手であるといえます。

家計相談に伴って
収入と支出を書き出して持参してもらうと
ほとんどの場合が未整理の状態です。

そのため、
書き出されたものを元に、
一緒に選別作業を行っていくことになります。

家計管理には大切な情報が二種類。
収入と支出です。

収入の把握は、手取り額で行います。
支出は実際の支出額でしますが、
すぐにわかるものは、固定費と変動費です。

やりくり費は、家計簿を付けてもらわないと
わかりません。

そのため、まずはやりくり費を除いたその他の部分の
情報を整理していきます。

整理するためには、家計の収支表があると便利です。
おおきの著書「超・家計簿術」の巻末にシートが添付してありますので、よかったらご利用ください。

使用する表は、年間収支表です。
(巻末付録の2番目の表)

表の費目名欄と予算欄に以下、記入していきます。

固定費をまずは記入しましょう。
固定費とは、毎月同じ金額の支出があるものです。
住居費や、駐車場代、新聞代、自治会費、お小遣い(定額制)などが当てはまります。

口座引き落としであるケースが多いので、通帳を確認してください。

次に、変動費を記入していきます。
変動費とは、毎月支出があるものの、金額が一定していないものをいいます。
光熱費や通信費、ガソリン代などが当てはまります。

固定費同様、口座引き落としであるケースが多いので、通帳を確認してください。
金額は、ひとまず空欄にしておきましょう。
支出項目がわかれば、まずは十分です。

変動費の予算欄への金額記入は、予算化法を行います。
これは、年間支出額の平均を各月の予算とする方法です。
そのため、算出に少し時間がかかりますので、上記の整理ができてから
ゆっくりと取り組んでみてください。