住宅ローンを組む時に気を付けたい返済方法

マイホーム購入時に覚えていてほしいことの一つとして、
支払方法の選択があります。

毎月の返済のほかに、
ボーナス時に増額して返済することが可能です。

仮に3,000万円借り入れて購入するとしましょう。
30年ローンで金利は便宜上1.5%の全期間固定金利とします。

毎月の返済額は約103,000円。
これをボーナス併用払いで試算すると、
毎月の返済額は約76,000円で、ボーナス時に約17万の返済。

先の試算と比べると、ぐっと購入しやすく見えます。

月76,000円の返済なら、
マンションの場合で管理費等を加算しても10万円くらい。

そこで、ボーナス併用を利用して購入する人が多いのです。

しかし、ボーナスを住宅ローンの返済に充てるのは
慎重に試算しておかなければなりません。

超長期といえる30年という期間を考えるにあたっては
甘い算段では危険すぎると言えるでしょう。

家計の安全を考えれば
ボーナスがなくなったとしても、生活が可能であるように
組み立てておきたいところです。

ボーナスと家計に関してはこちらでどうぞ
ボーナスは家計と切り離す

特に、定年後までボーナス返済が続くような借り方は
おすすめしません。

60歳に定年となった後は、現役時代と同じ額のボーナスは期待できません。
ボーナスがあるかどうかもわかりません。

そのような中で、
どのように賄っていこうと計画をたてていますか。

繰り上げ返済をしていくから大丈夫と考えているのであれば
なおさら危険です。
子供がいる世帯であれば、生活支出は年々増加していくことでしょう。
現在想定している通りに繰り上げ返済をしていけなかった場合は
どこかにしわ寄せが来ます。

リスクを取ってまで
無理して身の丈以上の物件を購入する必要性を
家族で考えてみてください。

住宅ローンが家計に大きな負担をもたらし、
教育費の準備ができない
老後費用の準備ができない
生活が楽しくない
そんな状態は望んでいないはずです。

住宅購入を考えだしたら、
返済方法も含めて、「資金計画」を考えてみてください

ちなみに
諸条件は同じで
仮に、ボーナス併用せず、月々の返済だけで約76,000円とすると、
借入額は約2,200万円になります。

住宅を購入する前は
必ず、金融機関に属していないファイナンシャルプランナーにご相談ください。