大学受験時は親子でお金のことを話すチャンス

お金の話は避けて通れない

子供とお金の話をしていますか?

特に大学進学はまとまったお金が必要になります。

家計的に苦しいなと思う場合は、家計の内情を子供に話すのはためらう人も多いでしょう。

そのため、いざ、お金が必要だという時になって、家計に余裕がないことを初めて知る子供たち。

「うちにお金がないと思わなかった」とショックを口にします。

家計の実情を知らなかったために、奨学金の申し込みもしなかったというケースや、入学金の納入が間に合わなかったというケースもあり、問題は深刻です。

今回は、大学費用の捻出が難しいという前提で話を進めていきますね。

どのように大学費用を工面するのか話し合う必要性

高校に入学した時から先の進路へのお話しと、それに係る費用、そして費用の賄いかたを、子供と何度も話をして、一緒に考えて欲しいと思います。

大学費用は親が用意するのか、子供自身で背負っていくことにするのか。

たとえば、奨学金を利用するが、返済は親が行うとか、子供自身で返済していくなど具体的な部分です。

教育費の負担については教育方針も絡んできますから、ご家庭でどのようにとらえていくのかが大事になります。

とはいえ、家計を預かるママと子の間には情報の非対称性があります。

いきなり、ボン!と、現実を突きつけるのは避けたいところです。

子供と一緒に現状を見据えて、どのように解決していくのか話しあってほしいと思います。

大学受験は思ったよりもお金がかかる

大学費用は、受験期間からかかり始めます。

・塾代、それに伴う交通費や夜食代

・参考書

・模擬試験

・受験料

・郵送費

・入学金

・抑え校の入学金

遠方の大学を受験する場合は、宿泊費、交通費などもかかってきます。

情報収集とお金の準備は早くから行っていく

受験スタイルによっては、抑え校の入学金や塾代などが不要になります。

AO入試などで早々に受験を終え、バイト代を貯めていくのも一つの方法かと思います。

また、各学校の返済不要である給付型奨学金制度を調べて、狙っていくことも方法として考えられます。

インターネットで簡単に調べられますから、めぼしい学校を調べておくといいでしょう。

最新号が発刊されているか調べていませんが、このような本もあります。
大学進学のための全国給付型奨学金データブック
産学社発行
2016年12月発売

ご興味のある人は、最新号があるか否か検索してみてください。

いますぐ動いてくださいね

まだ先のことと思っていても、あっという間にその日はやってきます。

進路は人生においてとても大切な岐路です。

子供と一緒に、準備に余裕を持って取り組んでください。

そして、お互いに納得のできる方法を探してほしいと思います。

※このページは2019年11月22日に一部リライトしています