クレジットカードは上級者アイテム

クレジットカードを何枚持っていますか?

今、お財布の中にクレジットカードは何枚入っていますか?

いつもメインで使用するクレジットカードは何枚ありますか?

ここ最近は、片手以上のカードを保有している人も珍しくありません。

しかも、全てちょこまかと使用していたりします。

クレジットカードは上級者アイテム

現金がなくても、商品の購入ができる便利なアイテム「クレジットカード」です。

しかし、実は、これ、家計管理上級者さん向けアイテムなのです。

家計簿付けられない~~

家計管理よく分からない~~

そのような人向けではありません。

今回は、高額商品とクレジットカードの例で確認していきましょう。

現金ないからカード払い

家電量販店などで、ボーナス一括払い・金利無し!なんて文言をよく見かけます。

利息も付かずに、ボーナス時に支払えばよくて、さらにポイントも貯まる。

こんなお得なカードは使わないと損だと思っていませんか。

その商品を購入するだけの資金がある。

そのうえで、ポイントを貯めたいという理由等でクレジットカードを使用するのであれば問題はありません。

しかし、家計簿・家計管理初心者さんが、クレジットカードを使う理由は現金もしくは貯蓄がないからなのです。

お金がなければ購入できない

昔から言うように、本来は無い袖は振れないのです。

その、ない袖を振れるようにしてしまったのが、クレジットカードなのです。

簡単に言えば、お金がなければ買えません。

その商品を現金で買うだけの現金もしくは貯蓄がない。

と、いうことは、買えません。

現状では、分不相応な商品なのです。

ボーナスで払えるから問題ないよ

ボーナスで払えるのだから問題ないのでは?

と、思われるでしょうが、

収入の先抑えって、余りにも危険な行為です。

特にボーナスなどは業績連動型である会社が多いですよね。

これくらいは支給されるだろうと当てにして先に支出を確定してしまえば、もし、その支出額に満たない金額しか支給されなかった場合に金策に悩むことになります。

未確定収入と確定収入をイコールにしない

まだ手にしていない収入を当て込んで、確実に支払いがくる支出を決定してしまうことは危険なのです。

未確定収入に確定支出を当ててはいけません。

高額商品で、現金で買えないからクレジットカード使用で購入は避けたほうが良いと言えます。

現金で買えないものは、買えない。

この原理原則を守っていくことが、家計管理をやりやすくするコツでもあります。

貯えをして購入する癖をつけましょう。