日大通信法学部を2年で卒業しましたので、履修経過をまとめておきます

日大通信はいばらの道

日大通信を3年次編入して2年で卒業することはメチャクチャ大変。
というブログをいくつか見て、編入前は超ビビっていました。

通信制大学の大変な部分は、やはり「自分との闘い」です。
中盤仕事の研修期間と半年ほどかぶってしまいかなりきつかったです。
しかし、卒業までたどり着けたのは、民法をきちんと学びたいという明確な目標があったからだと思います。

どのように理由計画を立てて単位を積み重ねていったのか。
ご参考になる方もいるかもしれませんので、ここにまとめておきます。

別途、手続きの仕方などを書いていますので、良かったらそちらもご参考にしてください。

 

日大通信に申込むの遅くない?

私の大失敗はスタートが遅かったことです。

なんと、一番最後。
締め切り最終日に郵送では間に合わないので、持参する始末。
とにかくグズグズしていました。

4月生ギリギリの申込期間で申し込みましたので、入学許可が下りたのが6月上旬。
すでにほかの4月生はスタートを切っています。

6月上旬スタートということは、そこから履修登録、配本申請、リポート提出をするということで、夏季スクーリングにギリギリの状態。
夏季スクーリングを逃せば、間違いなく2年での卒業はできません。

今考えれば、とんでもないハンデを背負ってのスタートとなりました。

日大通信への編入単位

入学申し込みをグズグズしていた割に、編入準備は2年前から行っていました。

編入。

そう、1年次からではなく3年次に編入がポイントです。
日大に1年生から入学するのではなく、3年次から入学をしようと他学で短大資格を取得しました。

詳しいことは今回は端折りますが、編入にあたって計画的に英語の単位を取得しておきました。
というのも、英語苦手で、日大で英語単位を取得することはまず無理だろうと思ったのです。

そのため、編入時に足りない単位は体育の2単位だけでした。

日大通信履修登録

とにかく申し込みまでグズグズしていた私ですが、履修計画は過去の配布物を参考にしてなんどもシミュレーションを立てていました。

3年次と4年次に履修する科目を振り分け、スクーリング、カモシュウ、リポート提出締め切りを表にして達成可能かどうか何度も作りました。
幸いグズグズしていましたので、入学年度の配布物が入学前手続き前にすでにネットで閲覧でき、当該年度の情報を使用して計画を作成することもできました。

その計画をもって入学申し込みを行い、スタートしました。

履修計画にあたって重要視したことは2点。
3年次にフル単。
4年次のスクーリング開校予測を立てながら3年次のスクーリング受講計画を立てること。

いつ、何が起こって学生生活が困難になるかわからないので、とにかく前倒しで行おうと思い、3年次はフル単で単位確保しました。
また、スクーリングの開校は毎年異なるようだったので、ここは過去の情報をもとに次年度開校予測を立てながら3年次、4年次で振り分けていきました。

が、最後の最後で大ショックな事態に。
のちほど触れますね。

※民法は内田先生のテキストで揃えました
知人の弁護士さんに「わかりやすいよ」と推薦してもらいました。

  
画像クリックでアマゾンに飛びます。

大人の学びはやはり何かある

計画を立てて臨んだものの、やはり計画通りにはいかない何かが起こります。
なんと、仕事上取得したい資格研修を半年がかりで受けることになり、1回の研修6日程度泊り込みを4回。

これが見事にスクーリング日程とかぶりました。
どうしようかと思案していると、コロナ感染拡大のためオンデマンド授業に変更の連絡があり、通学せずに済みました。
そこで計画変更はせずに強行突破。

全日の研修と夜にオンデマンド授業の併用をすることに。
研修終了後部屋で講義を視聴して、各回のリポートを書いて提出できました。

ボリュームのある課題提出が毎回必須の授業と研修がかぶったときはかなりしんどかったです。
さらに仕事の原稿提出もかぶることがあり、研修終了後は研修所の部屋にこもる日々でした。

これは思い出してもしんどかった。

日大通信リポートの縦横注意

リポート作成で痛かったのが、リポートの縦書きと横書きを間違えたことです。
今まで提出したリポートはすべて横書きだったので、疑いもせず横書きで提出。
見事にそのまま返送されてきました。

2,000字×2通。
書き直しです。

2,000字を清書するだけでも1~2時間かかります。
2通ですから半日は潰れます。

痛すぎます。

ちなみに、このチョンボで残りのリポート冊数が不足することになり、メルカリで調達しました。
これも痛かった。

リポートは1カ月程度返送されない

リポートは提出してから約1カ月程度戻ってきません。
いつ出したっけ?
状態になったので、途中からポストインした日をメモ。

戻ってくるあたりを目星つけてポータルサイトで合否を確認していました。
不合格なら再提出です。

提出してそれから返送されての期間を考えると、とにかく早く提出しておいた方がいいと、取り組みましたが、結果、不合格になったリポートは、縦横間違えと、2科目だけでした。

リポート不合格になったのは行政法Ⅱ。
行政書士で行政法不合格という恐ろしい結果に。

もう1科目は経営学。
これまたうちの事務所は経営革新等認定支援機関登録しているので、もはや笑えない。

それ以外はストレートで合格していたので、リポート自体の難易度は高くないと思います。

※司法書士テキストも利用しました
刑法は問題集も購入。

  
画像クリックでアマゾンに飛びます。

リポートとスクーリング

日大通信は単位取得方法が色々あります。
リポート+スクーリング形式で単位取得するのであれば、リポート提出が先。
事務局に電話で確認したら、先にスクーリングを申し込んでしまうと、スクーリング+スクーリングしか選べなくなるそうです。

社会人だと夏季スクーリングでまとめて単位取得を狙うと思いますが、夏期スクーリングをいくつか申し込むには、リポートの量が……

1科目2通提出なので、かなり時間に追われてしまいました。
手書きなので手も痛かった。

とりあえずリポート提出しておけば、スクーリングではなく科目修得試験に対応もできます。
リポート。
書きまくりました。

スクーリングが開講されない悲劇

4年次の後期に受講する予定だった経営学のスクーリング。
なんと、開講時期ギリギリで開講しないことが決定。

え?

もう頭パニック。
本年度のスクーリング開講予定表を何度も見返して、事務局連絡。
さらっと、開講されません。と言われ、燃え尽き症候群。

その経営学のスクーリングで卒業単位クリアの予定だったわけです。
最後の1科目。

え??
留年確定??

卒業年度の2月スクーリングは卒業単位に含まれません。
もういまから受講できるスクーリングがない。

恐ろしい事態に。

科目修得試験の申込みに間に合う

あんなに計画立ててきたのに、こんな計算違いが生じるのか?
もうショックで。

1科目のために留年って。

なんとかならないかと表を眺めていたら、最後の科目修得試験に間に合う。
とはいえ、なにも準備しておらず。

経営学は受かる気しないので、得意分野2科目足して科目修得試験申し込み。
持ち込み可の租税論とまぁ、FPなのでね、保険総論。
速攻テキスト取り寄せて、リポート計4通書いて出し、過去問買いに行きました。

しかし、残念なことに最新版以外の過去問が売り切れ。
慌てて、学校に連絡して過去問閲覧の予約を入れました。

過去問写すのは手書き

過去問閲覧。
メモは手書きです。

経営学、租税論、保険総論。
3科目でしたから、たっぷり一時間。
メモを書きまくりました。

持ち帰って、問題の回答を作成して準備。
なんと一問も出ないという悲劇。

結果、やはり馴染みのある2科目を滑り止めに入れておいて大正解でした。
租税論、保険総論合格。
経営学は不合格。

問題すら初めて見るワードで、なにも書けずの経営学。
惨敗です。
いや、予想通りです。

日大通信生活の反省

振り返って思うのは、とにかく必修科目は先に履修しておくべきでした。
3年次と同じようにスクーリングが開校されずに大幅に計画立て直すことに。

それとともに、選択科目はギリではなく、余裕をもって単位取得しておくべきだったと。
最後の最後の経営学で目の前真っ暗になりましたから。