日大通信法学部を2年で卒業しましたので、手続き関係のお悩みをまとめます

日大通信はいばらの道

日大通信を3年次編入して2年で卒業することはメチャクチャ大変。
というブログをいくつか見て、編入前は超ビビっていました。

実際卒業して感じたことは、この2年で卒業するのは大変という内容は、もしかしたら手続関係かなと思いました。
もろもろよくわからなくて、かなり時間を費やしました。

卒業届も提出期間があることすら知らず、卒業間際にすでにその期限終了したことをしったおバカさんです。

いや、まぁ、そんなこんな、手続関係よくわからないよね。
と、私と同じお悩みをお持ちの方もいるかもしれませんので、ここにまとめておきますね。

今回は手続関係のみお伝えしていきます。

別途、履修計画の立て方などを書いていきますので、良かったらそちらもご参考にしてください。
というのも、日大通信を2年で卒業するには計画がメチャクチャ大事となりますので。

 

 

卒業希望届

卒業からさかのぼっていきますね。
まず、これ。

卒業希望届。

私の年は、4年次の7月末までの提出でした。
後期まるまる残している状態で卒業希望届を出すとは思いもしませんでした。

卒業希望届を提出することは知っていました。
そのため、12月過ぎても届けのお知らせが来ないので、過去にさかのぼってお知らせを確認。

すると、ありました。
なんと夏前に来ていました。

7月末までに提出との記載を見て顔面蒼白。

既に12月半ば。
まさか、留年?

慌てて事務局に電話すると、速達ですぐに送るよう指示されまして、なんとか受け付けていただけました。
これは、恐ろしいまでに焦りました。

ぜひ気を付けていただけたらと思います。

健康表

コロナ拡大中でしたので、学内に入るには10日程度の健康観察表が必要でした。
過去問を閲覧するためにセンターに入るには必須。

朝と夜の二回検温してアプリ入力なのですが、それは大変すぎ。
ということで、プリントアウトして手書きにしました。
手書きと言えどもやはり日に二回の検温はきつい。

忘れちゃいます。

正直者なので、検温忘れと表にいくつも記載したら、しばらくその表をじっと眺めて沈黙されてしまいました。

科目修得試験追試

科目修得試験追試という救済制度があります。
これはありがたい。

しかし、追試の申込みと実施が、後期受講したメディア授業の結果前。

え?
そうなの?
結果出てないけど。
万が一のために追試受けておいた方がいいのかしら?

といろいろ悩み、まぁ、こういうシステムということはメディア授業は落とさないということだよねと勝手解釈。
申込みしませんでした。

結果、メディア授業パスしていてめでたく卒業単位達成しました。
このタイムラグはハラハラするので、ご注意を。

履修登録の変更

スクーリング予定やリポートの準備などの都合上、履修登録変更したい時があります。
履修登録変更は、リポート提出するなどの何かアクションを起こしてしまうと出来なくなります。

他学部の教科で経営学を履修したんですけど、リポートが全然合格できなくて、何を指摘されているのかさっぱり。
リポートとの相性が悪くて、リポート合格ができない。

科目変えちゃおう。
え~い。
この科目は捨て。
履修取消し。

は、既にリポート提出していましたので出来ませんでした。

ちなみに、履修の取消しは消しゴムマークをクリックすることで出来ます。
アクションを起こす前であれば、何度でもできました。

リポートの課題集

リポート取り組もうと思って、はたと気づく。

課題ってどこにあるの?
教材要綱みる。
シラバス見る。

ない。

手引き最初から目を通すも書いてない。
どこ?
と、ネット検索。
日大通信制のブログを漁る。
出てこない。

え~~~~~?
課題、どこ?

ポータルサイトのお知らせメールを一つずつ丁寧に見ていく。
ありました、ここに。

課題集はポータルサイトのお知らせメールの中。
探し出すまでかなり時間かかりましたが、見つかってホッ。

ポータルサイトのお知らせの中にあります。

リポートの提出

リポートを提出して、無事届いていたら、ポータルサイトで確認ができます。
学習状況照会
そこに記載されてたら、届いたということになります。

結果が出るまでは結果欄は空欄です。
リポート提出後数日たっても記載されず、まさか郵便事故?と焦ったことがあります。
その後すぐに届いたことが判明してホッとしました。
2,000字手書きですからね。

スクーリング申し込みギリギリでリポート提出した場合は、到着したかどうか気になるかと思います。
学習状況照会で確認してみてください。

配本申請

リポートを書くには配本申請して教材を取り寄せる必要があります。
配本申請は年二回なので注意が必要です。

私はフル単でしたので、無料配本32単位分との差は有料購入しました。
1冊ずつ値段を確認できるので、戦略的に安くすることも可能でしたが、面倒なのでやりませんでした。
市販の教材と学校教材の値段を調べて組み立てるのもいいかと思います。

※民法は内田先生のテキストで揃えました
知人の弁護士さんに「わかりやすいよ」と推薦してもらいました。

  
画像クリックでアマゾンに飛びます。

それと、あとから思ったのですが、必ず配本申請する必要はありません。
メルカリでも入手できるものがありますし。

授業によっては配本で申請した教材ではないものをテキストとして使用します。
これはシラバスに書いてあります。

授業で使用しない教材を取り寄せる必要はなかったなぁと。
民法の教材は改正に対応していなかったので、取り寄せたものは使えず、別途書店で購入して揃えました。
さすがに法改正されていないテキストをメルカリで売るわけにもいかず、廃棄処分となりました。

もう少しうまくやればよかったなと。

郵送先

地味に毎回迷ったのが、郵送先。

リポート用紙の購入とか、○○課宛て。
と書いてあるんだけど、住所がない。

この○○課は全部同じ住所でいいのだろうか?
と迷って、手引きめくるも書いてない。
3号館と1号館あったよね?
住所違うよね?

いろいろ迷いつつ、結局すべて同じ住所で○○課部分だけ変えればいいらしい。
気が付くまで2年かかった。

各種届等の郵送先の住所は同じです。

かなり最初は戸惑った

リポート課題を探すことから始まり、最初はかなり戸惑いました。
あれどこ?
これどこ?
状態で。
慣れたころには卒業です。

わかりにくい部分あるので、早めに友達作って情報交換できるといいですね。