産業能率大学通信制 自由が丘産能短期大学 科目修得試験・スクーリングの計画の立て方

通信制大学は計画がもっとも大事


元不登校児の通信制大学での学びなおし備忘記録ページです。

 

不登校児の私も短大卒になりました

 通信なら無理なく卒業

※画像クリックでアマゾンに移動します

 

 

 

通信制大学学習計画

女子大生ライフもあとは3月を待つばかりとなりました。

産能短大は61%の卒業率だとか。

高い数字らしいですが、10人に4人はドロップアウトってことですよね。

そう考えると、卒業が容易であるかどうかは判断が分かれるところでしょう。

 

通信制大学は計画力が必要

通信制の肝は、自分でスケジューリングを行うことです。

通学の大学だと新学期に予定を組みますが、通信制は試験もスクーリングも都度申し込み。

計画なしでもGOできてしまいます。

しかし、確実に単位を重ねている産能フレンドは、やはり計画的に進めています。

年間計画を立てている人もいれば、二年分の計画を立てている人もいます。

大学編入を視野に入れて、短大でスクーリング単位を積み重ねている人も。

計画を立てているときがとても楽しい計画マニアな私は、他大編入を視野に入れて入学後すぐに単位取得計画を設計しました。

具体的にはテキスト類が届いたときです。

スクーリングの予定表が入っていたので、あれこれなんども書き直しながら計画を立てました。

他大編入要件の英語も追加履修で組み込みました。

 

 

計画は何度でも作り直せる

 

独学にはコツがあります

 通信は独学が中心
※画像クリックでアマゾンに移動します

入学すぐに立てた計画は、大幅に書き直したことが2回あります。

どうせなら講義を受けたいと思ってスクーリング中心で予定を立てたら、なんと、シラバスにグループワークありという記載を発見。

グループワーク?
初対面の人とトーク。

うわー。
苦手。

グループ組み(※)からもう、ストレスです。

※先生がグループを決めるケースや、くじ引き、着席している周囲の人とグループになるケースなど、グループ組は授業によって異なりました。

そこで、シラバスをめくりまくり、グループワークのないスクーリング中心に計画を変更しました。

同じような経験のある人に何人も会いましたので、グループワーク苦手な人は少なくなさそうです。

しかしね、それだと初年度の予定単位数が獲得できない。

と、いうことで、乗らない気持ちを抱えてグループワークのあるスクーリングへ出席。

何度か出席すると、慣れてくるのかもしれませんね。

運よく、皆さんいい人ばかりで、

同じグループになった人と仲良くしてもらい、楽しく過ごさせてもらいました。

まあ、グループワークをそう避けることもないのかなと思いはじめ、計画を再度立て直し。

結局、初年度の前半(4月~8月)で、1年次のほとんどの単位を取得しました。

59単位取得です。
※入学前資格認定も含みます

時間の空いた9月~3月はDC試験と行政書士試験の勉強をしていました。

独学で行政書士独学でも行政書士試験はパスできます

行政書士試験を独学で短期合格した勉強方法

 

1年次の計画が2年次を楽にする


2年に進級後も、テキストとスクーリング日程が発表されたら計画の作成に取り組みました。

 

やはり苦手意識は早々取れないもので、スクーリングのグループワークの有無はチェックしてしまいます。

2年次は仕事の関係上、受講したいスクーリングがいくつも受講できないとわかり、1年次にスクーリング単位を確保しておいてよかったと思いました。

ムリすることない状況は気持ちがとても楽ですから。

通信大学の一番のポイントは、どのように卒業まで進行させるのか。

計画立案でしょうね。

何度も組みなおしました。

2年という長い期間にはいろいろ生じます。

仕事が急に入る、具合が悪くなる、冠婚葬祭など外せない用事ができるなど、どうしてもということがあります。

そのようなことも組み込んで、余裕をもって計画を立てておくといいと思います。

計画を立てる行為は面倒かもしれませんが、計画は苦しい時に自分を前に引っ張ってくれる大事なアイテムです。

ぜひ上手に使って卒業証書を手にしていただけたらと思います。

計画の立て方

学習のしおりにも計画の立て方が掲載されていますが、私の立て方をご紹介します。

表は左に科目、右に一年が流れていくタイプです。

各月の下に、スクーリングと科目修得試験の予定を書いていきます。

まず、1年次に配本された科目を書き出します。

次に、その科目のスクーリング日を表に記入します。

1年に複数回開催のある科目は、すべて表に記載しておきます。

Sマークがスクーリングを表しています。

スクーリングの記入が終わったら次は科目修得試験です。

科目修得試験月(4,6,8,10,12,2月)にマーカーなどひいて視覚的に区別しておきましょう。

※2020年度から科目修得試験月が変わっているようです。
最新の制度に合わせてアレンジしてください

ここまでできたら、あとは、スケジュールと調整をしながらいつ、なに(科目)を、どう受ける(スクーリングか科目修得試験か)のか決めます。

表に書き込んでいきましょう(見本の表②)。

受講予定のスクーリングに丸をします。

科目修得試験を受ける月にTを記入します。

表下部に単位計算欄をつけているので、書き込んでおくとペース配分になります。

見本の表を作成してみました。

スクーリングをすべて表に書き出す計画作成の理由

表作成の初めに各科目の開催されるスクーリングをすべて書き出しました。

参加するスクーリングだけ記入したほうが見やすいよね?と思われるかもしれません。

しかし、必ずすべて書き出すことをお勧めします。

その理由は、次の通りです。

効率的にスケジュール組ができる

抜け、もれをなくすことができる

計画変更時の手間が省ける(いちいち調べる必要なし)

スクーリングのある科目なのか否かわかる

 

ある科目DとKのスクーリングが6月にあったとします。

次回のスクーリングがDは2月、Kは7月、10月、1月だったとします。

すると、6月のスクーリングはDを選択したほうが無難ですよね。

表に書き込んでおくと、選択の優先順位を決めることが容易になります。

ご縁があってこのページを見た人のご参考になればと思います。