産業能率大学通信制 自由が丘産能短期大学 科目修得試験 解答欄に線はひくの?の結果

8月の科目修得試験 解答欄不安の結果

元不登校児の通信制大学での学びなおし備忘記録ページです。

 


覚えていますでしょうか。

解答欄に枠線をひかなかった科目修得試験のお話し。

解答欄作成ミスでF付いたら泣くでしょ?

いやいや、焦ったよね。


4割の得点配分がされている部分だけに、もしもの時は影響が大きい。

いや、大きいというどころか、高確率で判定Fでしょ。

他の部分がオールOKで、60点ギリギリCでクリア。

そんな不安な結果待ち。

指示通りに解答欄を作成しなかった結果

言い訳しておくと、一つの答えの文字量があまりにも異なるので、きれいに枠が出来なかったのです。

そのため、線を引かず。

しかし、問題の指示に従えと問題集の解答用紙記入の注意に書いてある

さて、気になる判定は……

Aでした。

解答欄の枠線を引かなかった部分も加点してくれたようです。

ホッとしました。

ん~~ただね、なんでAなんだろう。

どこを間違えたんだろう。

個人的には100点かと思ってたもので……

もちろん根拠のない自信です。

もし、枠線部分を評価してくれなかったら、Fだったのか。と、思うと少しぞっとしますね。

まあ、いいか、Aで。

科目修得試験の後は腹ペコ

科目修得試験のあとは、たまたま2科目受験の方が多かったので、産能フレンズで両国ランチ。

2科目受験だと13時少し前に終わるから、まあ、腹ペコ。

こんなひと時も、大学生活上のモチベーションになりますね。

一人の戦いは、モチベーション保つの大変だもの。

残念なのが、両国って休日にランチはあまりないエリアなのね。

さて、これで、取得単位87となりました。

卒業まであと半年。

追記:

8月の科目修得試験は、日テレ24時間テレビお日にちが重なりまして。

試験会場である両国はすごい混雑でした。

若い女の子がかなり多かったので、嵐のファンでしょうかね。
嵐の人気って凄いわ。

なんとなく、混雑風景のお写真撮っておきました。

 

不登校児の私も短大卒になりました

 通信なら無理なく卒業

※画像クリックでアマゾンに移動します