産業能率大学通信制 自由が丘産能短期大学 資格取得の単位認定は焦らなくてもOK

資格取得の単位認定は戦略的にできる


元不登校児の通信制大学通学の備忘記録です。

 

 

進路どうしようかな。

これ、昨年末からのお悩み。

もともと、3年次から他大で法学部に編入するつもりで産能へ入学しました。

しかし、昨年末の行政書士試験に合格。

法学部で学ぶ大きな理由なくなっちゃったんだよね。

 

もっと法律を極める?

法学をさらにもっと学んでその先は、司法書士か弁護士でしょ。

司法書士取得するなら専門学校のほうが効率的かなと思うし、たぶんいつも通り独学する。

弁護士は、ねぇ。

どちらを選択するにしても、非常にハードル高いチャレンジで自分もちょっと尻込み。

と、なると、他大の法学部へ行く理由がなくなっちゃった。

このまま産能に残る?

産能に残るのであれば、大学院(MBA)を視野に入れるつもりだけれども、こちらは出費も大きい。

なんせ会社員じゃないから(自営業)補助が出ない。

全額自己負担。

すると、4年次から前倒しで大学院の聴講生になる方法でコストカットするしかないかなと。

そこで、事務局へ問い合わせてみました。

学費コストカットの方法を考えてみた

短大在籍時に取得した資格認定単位は、短大時に申請しなければ大学編入後に申請可能かどうか。

事務局の回答は可能。

なるほど。

何のことかというと、大学編入後の2年間で取得する単位をどうにかして減らせないかという質問。

大学卒業するためには124単位が必要。

そのうちスクーリングが30単位。

産能大学編入時に短大で取得した80単位とスクーリング30単位まで認定されるでしょ。

これは、現時点でクリアできる見込み。

しかし、残44単位。

44単位ということは追加履修して上限単位マックスで3年次過ごさないと、4年次にフリーになれない。

だけど、追加履修ということはさらに授業料かかるよね。

コスト増。

そこで思い立ったのが、短大時に受験する資格の認定単位を大学へ持ち越せないかどうか。

もし、持ち越せるのであれば3年編入時に80単位プラスアルファができる。

現時点で12単位分の資格試験を受験する予定なので、合格すれば92単位認定となる。

これなら、3年次に残32単位を取得すれば卒業単位が修得し終えられる。

3年次で卒業資格単位取得可能であれば4年次はフリーになるため、大学院聴講は現実的になる。

単位認定は入学前の資格取得と入学後の資格取得がある

入学前に取得した資格の単位認定は1年次の申請期間内に手続きをします。

私は16単位認定してもらいました。

 

FP1級

日商簿記1級

宅建

 

入学後に行政書士合格したけれども、単位認定なし(法学で4単位くらいください)。

 

4年次に聴講生になれば1年で大学院を卒業可能。

 

単位持越しの目論見は思い切り崩れる。

69回税理士試験から70回税理士試験へのリベンジ決意

 

 

※事務局の回答は2019年7月度のものです。
学校の制度変更もあり得ますので、最新の情報はご自身で必ずご確認ください。