産業能率大学通信制 自由が丘産能短期短大学 超おすすめスクーリング簿記論Ⅱ

産業能率大学通信制 スクーリング簿記論Ⅱ受講してきました

元不登校児の通信制大学での学びなおし備忘記録ページです。

 

 

 

簿記論Ⅱスクーリング 金融派生商品苦手

税理士コースの科目はスクーリング申し込みが多いので、早めに対応。

産業能率大学通信制 自由が丘産能短期大学 スクーリング申し込み時間を推測する

 

どーしてもデリバティブの考え方がわからない。

そう、そもそも金融派生商品苦手。

だから、年明けに3カ月間早稲田大学の金融の現実と理論受講した。

ウィキに載ってる先生で、ちょいちょい挟む話しがお国の仕事しているときのお話で興味深かった。

金融を考えるときに誰目線なのか。

これをしっかりと考えて物事を捉えていくことが大事だと学ばせてもらいました。

デリバティブの説明も受けましたよ。

確かにその時は「ああ、そうか」と思ったんだけど、簿記の問題解いてみると、この部分はさっぱっり自分の中に落ちていない。

ということなので、楽しみにしてた簿記論Ⅱのスクーリング。

追加履修で参加してきました。

 

簿記3級独学のコツ簿記3級をスマホで学べます
第1回簿記3級WEB講義はこちらからどうぞ

簿記3級がさっぱりわからない人向けのWEB講座第1回

 

会計ビッグバン前の知識はもはやガラパゴス

私が簿記論学んだのって、会計ビックバン前だからね。

いろいろ変わってるよね、そりゃ。

若い時に学んだことって、いまでも結構覚えてるんだけど、この歳になると、新しいトピックはどうも入ってこない。

苦手意識持つとその論点のテキスト読むのさえもテンションダウン。

なんとか覚えようというよりも、嫌ぁい。という感情が先に立つ。

強制的にでも話を聞く場がないとまずい。

スクーリングはぴったりの環境。

そんなわけで、どうぞよろしくお願いしますの参加。

デリバディブはイメージが付きにくい

デリバティブピンポイント狙いの受講でしたが、おかげで、なんとかぼんやりわかってきました。

授業で聞いて、そのプリント授業中に勝手にもう一度解きなおし。

さらに帰宅後にもう一度。

& 翌朝リース会計の講義中に解きなおし。

リース会計は聞かなくてもわかるし、心はデリバティブ一本。

さらに、二日終了後に帰宅してもう一度解いてみました。

ここまでやって、なんとか、ぼんやりくらい。

飲み込み悪いなと思いつつ、苦手意識が脳みそシャットダウンしてるんだろうなとも思いつつ。

テキストだけよりも先生の作成したプリントがあったので、デリバティブの理解に助かりました。

簿記論Ⅱスクーリング 先生のプリントありがたい

私も普段簿記のレジメ作りますけどね、作成は大変だったろうと思います。
(私、簿記3級・2級を教えてます)

簿記3級講座少人数弊所の簿記講座のご案内
一緒に学びましょう。

◆女性限定簿記3級・2級講座

 

簿記論Ⅱでいただいたレジメのボリュームかなりありましたよ。

先生、すごいです。

すこし時間を空けて、再度プリントのデリバティブ部分を解きなおして自分のものにしたいところです。

普段簿記をお伝えする側にいるので、受講するという新鮮な体験をすることができました。

この辺も今後の自分の講座に活かしていきたいと思います。

簿記はやっぱり楽しいですね。

ああ、デリバティブには苦しみましたけど……

簿記論Ⅱスクーリング 最終試験について

スクーリングの最終日の最終コマは試験があります。

簿記論Ⅱのスクーリング最終試験は、先生が大変親切に解法プリントを作成してくれていました。

授業中に使用したものと同じですから、授業聞いていれば大丈夫。



プリント通りの手順で行えば、簿記を知らなくても何とかなります。

と思ったのですが、かなり皆さん苦戦している様子。

簿記初学者さんはスクーリング前に予習して、スクーリング土曜日の夜は早く帰宅して復習するといいでしょうね。