赤字家計は自力改善よりFPに相談を

自力では起死回生しにくい赤字家計

赤字家計の改善は思考の改善

結論から言うと、赤字家計は自分で家計の建て直しはまず難しいと思います。

簡単に言えば、ムリでしょ。

プロの手を借りたほうがいいです。

家計相談できるファイナンシャルプランナーを探すことをお勧めします。

と、いうのはね、そもそも赤字家計の特徴は支出が収入を上回っているわけです。

この状態を作ってしまった思考を変えないと家計は改善はできません。

赤字家計に陥る思考からの脱出

私のところでもね、赤字家計の改善ではマインドチェンジ(思考の変化)はテーマに置いています。

赤字家計に陥る思考。

まずは、ここから脱出しないとなりません。

赤字家計は収支の差額、要は足りない分をどこかから持ってきて使っています。

貯金があるうちはいいんですけどね、まだ。

貯金から持ってこられますから。

しかし、自己資金が底をついてしまったら、借りてくるしかなくなるわけです。

生活費の不足は、借りたとしても返せません。

生活費の不足は借入したらカウントダウン

毎月の生活費が足りないから、お金を借りる。

借りたお金は足りない分だから、当然使ってしまいます。

来月も生活費は当然足りない。

だから、また借りる。

さらに、先月借りたお金の返済がある。

もちろん、返せない。

返せたとしても、今度はその分生活費が足りなくなるから同じこと。

このサイクルを繰り返していくことになります。

返せない額はどんどん膨らむ。

そもそもね、生活費の不足分を借入したら返せないんです。

ここ、理解してほしいところ。

赤字を甘く見てはダメ

赤字

甘く見てたら駄目です。

クレジットカードで自転車操業したり、キャッシングする前に、改善しましょう。

まだ貯金のあるうちに動いてください。

人は尻に火がつかないと動かない生き物のようです。

貯金のあるうちは、根拠のない大丈夫に支配されて何とかできると思ってる。

明確な改善ルートも全く見えていないのにね。


家計改善する意識があるうちに行動する

貯金が底をつくとようやくヤバい!と、意識してくれるようになる。

しかし、この時のヤバい!は、お金の工面をどうしよう。の、ヤバい。

だから、この状態ではもう、家計を改善する余裕は脳みその中にないんです。

支払いが迫ってますから、それどころじゃありません。

だから、その前に、改善しましょう。

行動しても、すぐに改善なんてできません。

当たり前ですよね?

何年もかけて赤字家計作って、相談した2時間程度で黒字になったら、びっくりします。

黒字化していくにも時間がかかるのです。

だから、まだ家計に猶予があるうちに、プロの手を借りてください。