家計管理のコツ いくら貯金が必要ですか

いくら貯金が必要ですか

備えあれば患いなし

確かに貯蓄がないと、いざという時に困ってしまいます。

・夏の暑い時期に、クーラーが故障……
・通勤で使用している自転車が壊れた……
・自損事故で車の修理費用が必要……
・緊急入院……
・会社が倒産……
・業績悪化で賞与支給なし……

このような時に対処できるのが貯蓄です。
もしもの時の万が一用貯金は必ず行ってください。

目安は現在の生活費の半年分。

30万円で生活しているなら180万円です。
これは、緊急資金として別に確保しておきたい貯金です。

何の貯めにお金を貯めますか?

さて、緊急資金はめでたく貯まったとしましょう。
いま、貯金したい理由は他になんでしょうか?

何のために、いくらの貯金がいつまでに必要でしょうか?

漠然と、貯蓄が無いから貯金しなきゃ。
では、はっきり言って貯まりません。

お金を貯めるためには、明確な目標と計画が必要になります。

漠然とした動機ではお金は溜まらない

老後の生活費が不安であれば、いくらあれば安心なのか?に、考えをシフトしましょう。
漠然とした不安を抱えては、何もアクションを起こせなくなります。

人は漠然としたものに対してどのように動けばいいのかわかりません。

仮に、お使いを頼んで、「なんでもいいから夕飯の材料買っといて」と、言われた人は悩んでしまいますよね。
漠然としすぎているからです。

一方、「カレーにするから材料買っといて」と言われれば、チキンカレー、ナスカレーなど買う人の好みで材料を選ぶことでしょう。

もう一歩進んで、「カレーにするから、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、豚肉を買っといて」とすれば、お互いにスムーズに目的が達成できるでしょう。

貯金の目的を明確にする

貯金も同じなんです。

貯金したい。と、思ったら、次の3つを真っ先に考えてください。

・何のために
・いくらの貯金が
・いつまでに必要なのか