進路決定

卒業直前まで2年悩んだ進路

2020年1月12日
またしても訪れた通信大学説明会。
通学も考えると、法政大学か日大が視野に入る。

中央大も考えたけれども、やはり、スクーリングに多摩までは通えない。

希望は法学科。
経済系も学びたいものの、算数基礎がなさ過ぎて、間違いなく地獄を見ることは明らか。
そこは、今後追加履修や科目聴講生でもいいかなと。

さて、さんざん悩んだ進路。
なんと、2年越し。

決め手は、偶然入ったスペインバルのマスターとの雑談。

目的を明確にする

司法書士狙いで専門学校行った方が、同じ二年であれば有意義ではないか。
そんな自分の気持ちを見透かされたかのようなアドバイスを初対面のマスターにもらった。

司法書士資格。
いるのか?
取得したいのか?

そこさえあやふや。

なんで大学で学びたいかを原点に戻って考えてみた。

学歴コンプレックスはあるものの、個人的感覚でこれは東大にでも入らない限り消え去らない気がしている。
東大に入ったら、きっと東大大学院を卒業しないと消えないと思うかもしれない。

そう考えると、学歴というより、おバカコンプレックスといえるのかもしれない。

このおバカコンプレックスはどこから来るのか?
そう、原点はここだったかもしれない。

おバカコンプレックスは大学を出ていないからかも?
それで、大学卒業資格を取得しようと考えた。

体系的に学問を学ぶと脱出できそうかなと。

産能短期大学(通信制)の2年間では、脱出できていない。
というのも、自分から学んでいないから成果がない。
授業も時間数が少ないので、しっかりと授業で学ぶことは難しい。
この話は、こちらで。

自分の頭で考える

法的思考を手に入れる。
こんな文字が大学パンフレットから目に入った。

そう。
これだ。

探していたもの。

自分の頭で考えて言語化していくために、深く考える作業。
そのために知識の習得も付随する。

さらに、通信制大学は夜間スクーリングなどでは15回連続で通える。
と、なれば、質問ができる。
これは大きい。

質問して答えてもらえる環境は、個人事業主になるとほぼない。
学べば必ず質問が生じる。
質問できる環境は素晴らしい。

求めているものがようやく見つかった。
ような気がする。

と、なれば、やはり法学部に進もうと思う。。

行政書士試験時に民法も行政法も学んでいるから、新分野ではない。
そのため、より、一歩進んで考えながら学べるだろうと思う。
暗記ではなく、理解と自分の考えを深めること。

そう思ったら、少しすっきりとした。

で、どこに進学するか?

産能で体験したけれども、スタートダッシュは大事。
前半に2年間の見通しが立つような単位取得をしておくことがカギになる。
と、いうことは、そろそろ申し込まないと、4月ごろのスクーリングや試験に申し込めなくなる。

スクーリングを考えると中央大は外れる。
水道橋での開校もあるようだけれども、多摩の講座を受講したい場合は辛い。

通学が現実的な2校の魅力的な部分比較は、

リポート(2000文字程度)
法政はPC使用可。
日大は手書き。

交通
日大は駅から近い。
(ただし、体育会場は法政の方が近い)

スクーリング
法政は昼間部と同じ教授が担当。
日大は開催スクーリング数が多い。

試験
法政は年8回
日大は年4回

産能からの単位認定
法政は専門分野は個別認定。
日大は一括認定あり

ネット上の個人ブログ等の評価
法政は、いばらの道
日大も同じく
どちらも2年で卒業することは困難という記載が目立つ。

さて、とりあえず成績証明をもらいに行かなきゃ。