家計簿Q&A35 収入が増えたらお金は貯まりますか

あと一万円あれば、家計は楽なのに。
もう少しボーナスが多ければなぁ。

今の収入が増えれば貯蓄はできる。
このように思われる人で、実際に収入が増えて貯蓄が増えた人はどのくらいいるのでしょう

データもないですから、いない!とも、いる!とも言えませんが。
仮説のみで考えてみましょう。

もう少しお金があれば思考

収入が増えればいいのになと思う人の経済状況は、良好とはいいがたいのではないでしょうか。

もう少しお金があれば。
こんな気持ちですから、もう少しお金があれば、どうするでしょう?

今がまんしている商品を購入する、もしくは購入している商品のグレードをアップする可能性が高いでしょうね。
ようは、使っちゃうのではないかなということ。

給料日前の行動が全てを物語る

例えば、こんなシチュエーション。

給料日前の2日。

手許残金が2,500円だったとします。
家族4人の食費、日用品費などを賄う全財産です。

この場合、もちろん呑み会へ行く、外食するという選択肢は外れていきます。
お菓子の購入も外れるでしょうね。

あと2日ですから、カレーやシチューなど二日間食べられるメニューを考えたり、あれやこれやと対策を講じます。

スーパーでも、食品の値段を丁寧に見ながら買い物を行うことでしょう。

98円の人参と128円の人参があれば、選択に悩むはずです。
割引シールにも敏感に反応しますよね。

そんな状態でスーパーを一周。
2日分の食メニューが決まらず、ふと手を入れたポケット。

なんと、5千円札が。

前にこのスーツ着た時にポケットに入れたんだった。
と、恵の5,000円をゲットします。

さて、残金が7,000円に変わりました。
この後のスーパーでの買い物傾向は先ほどと同じでしょうか。


のど元過ぎれば忘れるのが人間

まず間違いなく、気持ちにゆとりが出て、気も大きくなりますね。

2,500円が7,000円ですよ。

さっきまであれこれ考えていたメニューは5,000円を発見した時点で吹っ飛んでいます。

その結果、2日分の支出は2,500円以内でおさまらなくなるでしょう。

この後、給料日がめでたくやってきて、先ほど抱えていた「2日で2,500円」のやりくりはすでに時の彼方。
毎月繰り返されているのに、なぜか改善していかない給料日前のラプソディ。

家計を作り直してみましょう

収入が増えれば貯蓄に回せると思う人は、こういう傾向がないでしょうか。
今回立てた仮説はあながち遠くないような気がします。

貯蓄はやみくもに増えればいいというものでもありません。

収入は支出と貯蓄への適正配分が大事です。

そのためには、一度、家計を作り直すことが手っ取り早い家計改善になります。

※家計の作り直しに関しては、当サイト内の別ページにて様々ご覧いただけます
もしくは、拙著「超家計簿術」をご参照ください。