赤字家計が慢性の赤字家計になる原因は生活習慣病にあり

急にお金が必要な時は……
こんなカードローンの広告をよく目にします。

個人的には、急なお金が必要となり、そのお金が捻出できない家計状態なのであれば、
必要なのはカードローンではなく、家計改善だと思います。

月に1万円の返済なら大丈夫そう。

こんな感覚でしょうが、そもそも貯蓄がないということは、月に1万円をプールできない生活設計だったわけです。
貯蓄ができない収支の中で、さらに支出が増えればさらに貯蓄とは縁遠くなります。

返済金額の問題ではないのです。
返済額が月数千円だからOKとか、数万円だから借り入れは良くないとか、そういうことではありません。
問題は、余剰資金の出ない家計の体質です。

得た収入は、支出と貯蓄の配分されます。
この配分が適正であれば、長期目線で安心できる家計であるといえます。
逆に、不適正であれば、その不具合がどこかの時点で浮上してしまいます。

借入はその不具合が表立った状態です。
収入の配分が不適正であることを意味します。

お金が足りなくなると、借りて返済。
このような行為を繰り返していると、その状態に慣れてしまいます。
借り入れるハードルが低くなっていくのです。

初めて借り入れをするときは、ドキドキした人も、回を重ねて慣れることによって、生活のごく一部の行動とした感覚になってしまいます。

足りなければ借りる。
まずは、この思考から抜け出さないと、家計の赤字は改善ができません。

生活を支えているのがお金です。
例えば、食生活。
食を行うには、食材を購入する、飲食店で食事するなどお金を介在して行われます。

そのため、お金の使い方は生活そのものともいえます。
これは、毎日の生活の中で習慣化されていくものですから、意識をしないと改善点すら探せないということになりかねません。

実際に、赤字家計の方が多く言われることとして、次のセリフがあげられます。
「贅沢していないのに家計が苦しいです」

習慣というものは、当たり前の行動であり、その行動自体に疑問をいちいち抱かないものです。
歯を磨きながら、歯磨きの是非を考えませんよね。
ご飯を3食食べる行為に疑問もあまり持たないと思います。

このように、すでに疑問を持たなくなった生活行動の中に、家計改善する項目が潜んでいます。
そのため、ご本人では気が付きにくいのです。

ご自身で見直していくのであれば、まず、収支の適正配分を考えるところから始めましょう。
将来のための貯蓄を賄いつつ、いま、使えるお金を把握することが大切です。
そして、最も大事なポイントとして、収入の範囲内でそれらを配分するということです。