通信制大学合同説明会で得たものは、選択肢は変わらないという再確認

進路選択まで4カ月ほど。
焦る気持ちを抱えて、
先日、新宿エルタワーで開催された通信制大学合同説明会へ参加してきました。

ああ、本日のこのブログは、グダグダの個人的備忘記録なので、お忙しい方はスルーしてください。

エルタワー直前に置かれたトラップ。
ブックファーストさん。
無類の本好きは飛び込みたい衝動にかられつつ、トラップ回避。
学校案内のパンフレット類で帰りはきっと大荷物。
先に本買うのは避けたほうが賢明かと、帰りにしようと冷静に思いました。

エレベーターのドアが開いて目に飛び込んできたものは、、この写真の景色。
会場は30階とあって、見晴らしがいいこと。
シムシティのリアル版が目の前に。
思わず写真撮影。
が、周り誰も撮影してないので、一人お上りさん状態。

まあ、そう。
説明会に来てるわけですから。
目的外ね。

なんだか、今日のキーワードになりそうな予感。
すぐに的中するんですけどね。

さて、抱える課題は結局自分でしか解決できない。
当たり前だけれども、そんなことを得た説明会でした。

何かを聞いたわけではなく、パンフ集めしただけですけど。

・大卒資格が欲しい
・その学校を卒業することで得られる卒業資格である専門資格が欲しい
・教員免許が欲しい
・生涯学習がしたい

こんな目的があれば、あとは学校選びだけですよね。

そう、目的。
時間とお金をかけて進学するのですから、目的は大事です。
その目的がぶれているため、迷いが生じているこの1年。

大卒資格の必要性が自分の中で小さくなった。
というのが、ぶれた原因です。

昨年度に、行政書士資格を取得したことも拍車をかけていると思います。

ただね、2年なんてあっという間だから、始めたのであればこのまま続けて大卒しちゃえばいいじゃないの。
そんな気もまだまだ残ってって。
とはいえ、じゃあ、何を学ぶの?
ここも問題。

法学を学ぼうと思っていたんですけど、行政書士資格取得してるし、特に必要性を感じなくなってしまったというのが大きい。
心理学系に進むのも、ためらう。
購買活動に関する心理学だけ学びたいのであるから、単発の聴講生で足りそう。

結局、なんでもそうだけど、やり切った後でないとそのことに関して自己評価できない部分ってありますでしょ。
やり切っていない今、何かをジャッジすることができるのだろうかというのも迷う部分。

次年度スタートダッシュするには、2月ごろには手続きを終える必要がありますよね。
基本リポート提出に、スクーリングの申し込み、科目習得試験の対策。
ダッシュしとかないと、あとが詰まるの嫌だしね。

目的を探しに行く2年間もありかな。
と、結局ウダウダ結論先延ばし。
もらってきた学校案内をパラパラ適当にめくる日々。