貯蓄できる人は家計支出を想定内でコントロールする

貯蓄できない悩み

貯蓄ができたと思っても、その分の支出が発生してしまう。

そのため、結局プラマイゼロ。

このようなお悩みはかなり多く見受けられます。

急な出費にお金がない

具体的な例で見ましょう。

臨時収入が5万円入ったA子さん。

早速、その全額を銀行へ貯金しました。

その数日後。

固定資産税の納付通知書が届きます。

「え~~!ボーナスはもう残ってないのに」

と、いうことで、先日貯金した5万円を固定資産税の納付にあてることにしました。

本当に突然ですか?

このA子さんの例のほかにも、お金が浮いたと思ったら、家電が壊れた。

少し貯まると、大きく出ていく。

このように貯蓄が上手くいかない人は、支出の想定が出来ていません

突然、固定資産税の支払い用紙が届いた!

突然、家電が壊れた!

突然!○○!!!

想定外は実は想定内

突然イレギュラーなことが生じるとおっしゃいます。

しかし、ほとんどがイレギュラーではなく、十分想定可能な支出だったりします。

そのため、浮いたと思ったお金は、実はその時すでに行き先が決まっていた可能性が高いのです。

少し貯まると、全部使う羽目になる。

そんな繰り返しをしていませんか?

思い当たる人は、繰り返しになりますが、支出の想定が出来ていません


一年単位で支出を確認する

年単位でどのような支払いがあるのかを一度洗い出してみましょう。

ポイントは、一年に一度の年払い支出です。

忘れちゃいますよね。

一年に一回しか払わないものって。

しかし、その支払い金額が家計に負担を負わせるようであれば、予め想定しておかなければなりません。

通帳やクレジットカード支払い明細などを一年分ひっくり返して書き出してみましょう。

少し例を挙げておきますね。

・NHK受信料の年払い
・火災保険料
・年払いの生命保険料
・賃貸住宅の更新料(二年に1回)
・固定資産税
・各種年会費
・車関係費

想定外を考える

他にも、想定外を考えておく支出があります。

こちらも少し例を挙げておきますね。

・冠婚葬祭
・家電の買い替え
・住居に関する修繕費
・自転車の買い替え、修理
・お年玉や交際費

このような支出は年を追ってみていくと、発生する可能性の高いコストです。

実際に発生してから慌てて金作するより、予め予算に組み込んでおくと安心です。

いままで、お金が浮いた。

と、思っていたその金額は、浮いていたわけではありません。

浮くたびにイレギュラーな事態が起こったわけでもありません。

実は何かの支払いのためのPOOL分だったのです。

いかに家計支出の想定外をなくしておけるか

これが、純粋に貯蓄を増やすコツになります。

※POOL分と貯蓄を混同すると危険な家計になります。
こちらも合わせてご参照ください。
赤字家計から年間貯蓄150万円へ変身