家計を崩壊させるママの起業選択。パートか起業かで迷ったら考えてほしいこと

何度も書いているテーマです。
しかし、減らないこの悩み。
弊所に相談に来られるときには家計が崩壊してる。
起業する前に、
もし、起業していたら、借り入れを起こす前に
相談に来てほしいのです。

起業を考える女性の多くは、家計にお金を入れるための起業。
パートするなら起業したほうがいい。
そんな感じ。

起業かパートかで迷っての起業。

これ、相当危ない。
と、いうのも、家計にお金を入れる必要があるのであれば、確実にお金の入るパート選択が安全なんだよね。
起業はお金が得られる保証はないから。

なんとなく、起業ってかっこいいな。
とか、その程度であれば、パートをお勧めしたい。

FB(フェイスブック)やインスタなんかで、華やかな起業女子の写真がそこら中に溢れてる。
見てると、なんだか自分も。
そんな気がしちゃうもの。
しかしね、そんな人たちも、数年たつと消えちゃってる人がたくさんいるのよ。

そういや、あの人どうしたかな?
と、思っても、すでに起業の舞台にはいないのよね。

だからこそ、足元見て考えてほしいと思う。

例えば、家計が苦しくて、あと5万円あればとんとんで回るとしましょうか。
5万円必要なの。
家計に。
5万円無いと赤字になっちゃう。
とすれば、確実に必要なお金なのだから、確実にお金が手に入る仕事を選択しないとならないよね。

なぜ、この時点で起業と迷うのかはよくわからない。
しかし、迷う人は多く、さらに起業しちゃう人も多い。

実際に起業したケースで、パート以上にお金を家計に入れられている人は弊所に相談に来ないからどのくらいいるのか不明だけど、
その逆のケースは相談に来るからよく目にする。

家計にお金を入れるどころか、借り入れ増やしちゃうケース。
とてもい多い。

ママがなんとなく起業するのであれば、条件は一つだね。
ママの収入を家計に入れなくても、将来の貯蓄を含めて家計はきちんと回っていること。
ようは、黒字家計で、貯蓄も計画的にできているそんな家計。
その家計であれば、ママのお小遣いの範囲で起業しても問題は生じない。
ああ、でも、ママのお小遣いの範囲というのは大事。
起業してみて、お金が足りないといって家計に手を付けだしたらアウト。

家計と事業のお金をしっかりと区別しておかないと、ズルズルして、どちらかに流れ込んじゃう。
すると、上手くいかない。

これは、小さな父ちゃん母ちゃん経営や個人事業主に多く見られる現象。
家計と経営がごっちゃ。
儲かってるのかマイナスなのかもさっぱりわからない。
支払期限が来るたびにお金工面している状態だから、こんがらがったお金の導線を整理できなくなっちゃうんだよね。

ママが起業して家計が崩壊したら、困るのは子供の学費。
確保しておいてね。
それができていないのであれば、パートにしておいた方が無難だと思う。

スタートする前にしっかりと家計相談したほうがいいよね。
借り入れ多く背負ったあとでは、リスタート切るのが結構大変だから。

リスタートしなければならなくなったママ起業さんは早急にご相談くださいね。
借り入れで借り入れを返済していたら、すぐにご相談してください。
一人で抱えずに。