生命保険の有料相談 江戸川区のFP(ファイナンシャルプランナー) 家計改善専門おおきFP事務所

生命保険の無料相談。
すっかり根付きましたね。
生命保険の相談は無料が当たり前。
そんな感覚の人が多いかと思います。

その流れの中、弊所は、有料相談しか行っていません。
理由はただ一つ。
相談者と弊所のWIN-WINの関係を保つためです。
言い換えると、対等な立場で、生命保険を考えましょうというスタンス。

スマホの普及で情報へのアクセスが容易になった今では、相談者側も生命保険商品に関して一通りの知識をお持ちだったりします。
いや、私より詳しい人も中にはいることでしょう。
そこで相談者側が求めてくる生命保険相談は、「わが家のケースはどうしたらいいの」という部分だと思います。

私の考える生命保険相談は、生命保険商品が主ではありません。
なぜなら、生命保険商品は家計のリスクを回避するために利用するものだからです。
この視点で考えるのであれば、生命保険を考えるときに、まず先に家計を見なければなりません。

家計が抱えるどのリスクをどのように回避していくのか。
生命保険商品で、回避できるリスクであるのか。
どの程度そのリスクを生命保険でカバーしていくのか。

少し、面倒くさいお話になりますが、弊所では、相談者さんにも一緒に考えてもらうことにしています。
ほとんどの人が「考えたことなかった」と、新たな気づきとともに、家計管理にも興味を示すようになってくださいます。

生命保険の相談に行ったのに、家計管理の話のほうが多かった。
これは、弊所の特徴かと思います。

もちろん、家計とは切り離して、生命保険商品の選別だけの方もいます。
相談者さんのご希望に沿って対応させていただいております。

生命保険の見直しをしたら、保険料が安くなる。
このイメージも強いかもしれません。
家計の状態から、過剰に保障をお持ちであれば、その部分をカットすることにより保険料は安くなるでしょう。

しかし、弊社に相談して逆に高くなる人もいます。
現在の家計が抱えるリスクの回避を行うためには、既契約の内容では足りないことがあるからです。

生命保険の見直しは家計のリスクを回避することが目的であって、生命保険料を安くすることが目的ではありません。
この出発点をしっかりと確認しておかないと、家計と保有している保障がチグハグになりかねません。

何のために生命保険を見直すのか。

もし、支払う保険料の負担が大きくて保険料を下げたいと感じて見直しを考えられたのでしたら、
家計と生命保険の両方を見ていかなければ問題は良い方向に解決しにくいといえるでしょう。

あくまでも、生命保険商品は家計のリスクを回避するために利用する商品です。
わが家のリスクに合わせて、安心できるものを選んでいきたいですね。
そのためには、家計から考えることが大事です。