江戸川区のFP(ファイナンシャルプランナー)へ家計相談ならメディア掲載多数のおおきFP事務所へどうぞ

新聞・雑誌等のメディア掲載歴はこちらでご確認ください。

朝日新聞家計ボーエイ隊一年間連載を始め、毎日新聞ほか、週刊誌、生命保険雑誌、FP向け専門誌など、
多数掲載していただいております。

江戸川区内で家計改善相談を行っているFP事務所です。
家計改善、特に赤字家計の改善に特化したFP(ファイナンシャルプランナー)は全国でも目づらしく、新幹線等をご利用になって遠方からも相談にお見えになります。

新聞や雑誌等でよく目にする家計相談とは、異なります。
弊所のモットーは節約に依存しない家計管理法。

どこの支出がムダであるとか、どの支出をカットするなどの指南ではありません。
ゆえに、節約法が知りたい方向けではありません。

以前に区内の図書館で「節約術」という講演タイトルなのに、講演しょっぱなから「節約は苦手です」と、言ってしまったことがあります。
節約術を聞きに来た人には申し訳なかったですね。

節約術を求める人の多くは誤解していますよね。
貯蓄する、もしくは家計を楽にするイコール節約。
こんな図式を持っていないでしょうか。

もしビンゴでしたら、一度話を聞きに来てください。
年に1回、年末か年始にだけ家計簿講座を資料代1,000円程度で開催しています。

ものには道理があります。
それを踏まえずに、目についた支出部分に特化して節約しても効果はありません。

節約自体を否定してはいませんよ。
その前に、行わなければならないことがあるのです。

それは、家計の再設計。
現在の家計はどのように出来上がったものでしょうか。
ほとんどのご家庭で、行き当たりばったりだと思います。
必要に迫られて支出を加算していく感じ。

みんな塾へ行っているから、うちの子も塾。
スマホ持たせなきゃ。
Wi-Fi家にあると便利だよね。
出かけるときに車ほしいね。

なんとなく払えるからと決めた住居費。
そこを土台として、支出がどんどん積み重なっていく支出積み重ね方式の家計がほとんどです。
この状態のままで、家計が苦しいからと言って節約しても、手許の小銭うかしにしかなりません。

いくら節約しても効果が出ない。
効果が出なければ、人は続けることができません。
だから、挫折してしまいます。

家計管理が苦手だから、挫折しちゃうわけじゃないのです。
効果が見えないからやる気が続かないのです。
どうせ行うのであれば、効果が出るように道理にかなった方法で行ったほうが心にも家計にも優しい結果となります。

私のお伝えしている家計管理法は、本当に基本通り。
しかし、その基本をFPさんも含めて皆さん重要視していません。
大事なことはたった一つです。
収入の範囲内で将来の貯蓄を含めた支出を賄うこと。

家計の見直しは、家計改善に特化した、メディア多数掲載の弊所にお任せください。