家計簿記帳には影響なさそうだけど、軽減税率を確認しておきましょう

2019年10月に予定されている消費税10%への引き上げ。
それに伴う軽減税率制度の導入。

この軽減税率制度がなんだかややこしい内容になっています。

軽減税率とは、次に該当するものの消費税率を8%とする措置です。
・酒類・外食を除く飲食料品
・週2回以上発行で定期購読される新聞

スーパーで夕飯などの食材を購入して帰るのであれば、適用される税率は8%です。
魚、野菜などですね。
注意しなければならないのは、みりんはお酒に分類されるので10%、みりん風味調味料は8%です。
料理酒もお酒ですね。

健康ドリンクも複雑です。
清涼飲料水に分類されるものは8%ですが、医薬部外品に分類されるものは10%です。

みりんとみりん風調味料の違いを知らない人もいるでしょう。
消費税引き上げ後、しばらくはレシートを見ながら慣れていくといいのかなと思います。
時間のある時に、原材料部分を比較してみるのもいいでしょうね。
ほとんどの人は見ないと思いますから。

例えば、そば。
原材料表示を見たことありますか?
一度見てみると面白いかと思います。
商品名は「そば」なのに、原材料表示トップは小麦粉になっている商品がが多くあります。
そばを食べているつもりが、実は、小麦粉を食べているわけです。

消費税が上がった云々ばかりに話を咲かせるのではなく、いい機会なので食料品の原材料などにも興味を持つといいかもしれません。

気を付けなければならない点がもう一点あります。
外食が10%ですから、フードコートやイートインでの飲食も10%になります。
外食とは、飲食店等を営む者が、テーブル、いす、カウンター、その他飲食に用いられる設備のある場所において、飲食料品を飲食させる役務の提供となっています。
役務というのは、サービスのことです。

都心におけるコンビニのお昼時は、イートインスペースにズラッと横に並んで食している会社員を目にします。
これは、10%ですね。
会社に持ち帰って食べれば8%です。

さて、この軽減税率ですが、家計管理する上で、家計簿記入に対する軽減税率の影響は特にないでしょう。
今まで通り、税込みで記入すればいいかなと思います。
ほとんどの人が消費税だけ抜き取って、本体を税抜きで記載してはいませんよね。

今月の消費税は○○円と集計しないはずです。
税込みで家計を管理していくわけですから、家計管理には影響はないでしょう。

※このブログ内容は2019年7月4日現在におけるものです。