行政書士試験を独学で短期合格した勉強方法

2018年度の行政書士試験に合格したてのほやほやです。
資格試験は勉強方法に悩むところですよね。
私の勉強方法が少しでも参考になればいいなと思います。

慌ててスタート

2018年度に受験しましたが、最初に参考書を購入したのはその前年。
何となくパラパラ。
分厚くて読む気にならない。
要点が分からない。
これ、全部覚えるの???
そんなかったるい状態で、パラパラ。

勉強する
ではなく、
読む
わけでもなく、
ページをリズミカルにめくる。
が、一番近いかも。

受験しようと本腰入れたのは、2018年4月から。
通信制の短大に入学したのをきっかけに、学習計画を立てたころから本格始動です。
学習計画を立てるというのは、最短ルートへ導いてくれます。
いつもお伝えしているのですが、
成し遂げたいことがあれば、逆算で計画です。

さて、計画は2018年大学単位をフル単、9月だったかな?早くも日にち忘れてるけど、DC2級合格。
11月行政書士試験合格。
こんな目論見。

ちょっと、詰めすぎたので、月1回会合のFPの会やら、飲み会やら。
いったん、全部お休み。
8カ月の戦い。

結果、すべてクリアです。

行政書士試験は出遅れ感があるんですけどね。
DC試験終わった後に、これから本腰入れると先に受かった人に伝えると、
この時期すでに合格レベルにいないと遅いけど。と言われ……
慌ててスタートしたんです。

と、いうのもね、DCに時間かかっちゃって。
あまり好きな分野じゃないから、とにかく頭に入ってこない。
問題解けても、意味わからん。
と、いうことで、9月までは、先に受かった人の専門学校問題集をボチボチ解いていました。

前年合格者でしたので、まだ新しいテキストと問題集を一式お借りできました。
ありがたいです。

しかし、テキストはほとんど見ませんでしたね。
問題集中心。
たまにテキストで確認した程度。

それと、途中で面倒くさくなって見なくなっちゃったけど、
藤井予備校の行政書士講座。
憲法と民法見ました。
ネットで無料講座やってて。
先生も楽しい感じの人で良かったんですけど、家のWi-Fiが、ネット見たい部屋に届かなくて。
すぐに動画が止まる……

で、結局、独学に戻る。

このページトップにある、
一枚目の写真は9月9日時点。
LECの市販している10年分の過去問。
今からスタートって、遅いよ。
と、言われた日の目次。
マーカーついているのが取り組んだページです。
ここから、本気モード。

短期決戦でもなんとかなる!

持ち歩きましたよ。
恐ろしいほどに分厚い過去問。
通勤がバスなので往復1時間過去問。
バス待ちも過去問。
料理中もゆでてる間に過去問。
もちろん、トイレも過去問。

過去問もう一冊。
一般常識もカバンに入れて持ち歩いていました。

帰りは夕飯の買い物もするから、
とんでもない荷物です。

試験が終われば、この重たさから解放される。
そう念じながら。
秋深まりつつある日は、涙出ましたけどね。
荷物重くて、なんか情けなくて。
合格する保証もないのに、いい歳して何やってるんだろうって。

しんみりしてきました。
写真に戻りましょう。

マーカーと目次は使い倒す

マーカーは三色使いです。
できた問題に印をつけて、できない問題を洗い出します。
黄色、ピンク、青。
一度目は黄色。
二度目はピンク。
三度目は青。

こちら、二枚目の写真は10月1日のもの。
1カ月でかなりやりこみました。

このあと、ようやく条文に接するのですが、時間が足りないから、行政書士六法は買っただけ。
多少マーカーしてみたけど。
路線変更して、条文をぎゅっとまとめた条文問題集に取り組みました。
理由は、薄かったから。

総まとめで重宝したのが、三省堂出版のケータイ行政書士公式ガイド。
最後の2週間は徹底して取り組みました。
頭の整理ができたと思います。

とにかく、アホのごとくのんびりしていたので、短期間でしたがかなりの勉強量だったと思います。
隙間時間、移動時間、寝る前などとにかく机に座らなくても勉強できるのが行政書士試験学習で、最大のメリットです。
簿記だと机なしではつらいですしね。

過去問は最重要。とにかく読書する

どの資格試験でも同じようなやり方を私はしています。
とにかく過去問重視。
その過去問の取り組み方ですけど、
まず、読むんです。
読書。
問題読んで答え読む。

単元ごとに区切って取り組みます。
全部読んで戻ってきたら覚えてないもの。
そりゃ、自信ある。

一度読んだら、また読む。
1回目よりは楽になってます。
そして、3回目は答えを読むのを少し遅らせる。
ちょっと解答を考えてみます。

するとね、できる問題が出てくるんですよ。
そしたら、ミッケものです。

次からは、問題読んで正解を導き出す。
できなきゃ、読書。

これ、繰り返すと、できる問題が増えていきます。
完全にできるようになった問題が発生し始めたら、ここでマーカーの出番。

小説で考えてもらうとわかりやすいと思います、
同じ小説を繰り返し読むと、読みやすくなりますよね。
回数重ねると、覚えてますよね。
さらに回数増えると、細かい部分までも覚えてる。

でもね、これやるときは、コツがあるんです。
リラックスすること。
覚えよう。
と、がちがちでやると、脳みそはシャットダウンしちゃうから、まず覚えられない。

だから、読書。
その感覚でいいんです。

次は税理士試験へ

今ね、税理士試験の簿記論対策をしているんですけど、
机がないとだめだし、まとまった時間取れないと問題が解けない。
総合問題解くのに最低60分は必要。
これ、ぶつ切り勉強ムリ。
社会人には勉強しづらい科目だと感じます。

行政書士はその逆。
隙間時間を使える科目だから、社会人でもなんとかなる可能性がある。

この記事がご縁あってクリックしてくれた誰かのお役に立てばいいなと思います。
2019年行政書士試験
頑張って下さい。