教育費の準備を行わない理由のダントツ1位

予めお断りしておきます。

教育費の準備を行わない理由のダントツ1位のデーターは弊所の相談事例による母数の小さなものです。

教育費の目安

教育費と一概にとらえてしまうと、幅が広いので、ここでは大学の授業料と定義しましょう。

地域に通える大学がないなど一人暮らしの生活費を援助するケースもあるでしょうが、大学の授業料を教育費としますね。

入学金や施設負担金も教育費に入ります。

大学の授業料は、各校でかなりばらつきがあります。

今は、便利ですよね。

ネットで授業料の確認ができる大学が多くあります。

法学部など同じ学部でも、学校によって金額がかなり異なることもあります。

何校か実際に検索してみるといいでしょう。

だいたい、文系私立大学で400万円~500万円くらいでしょうか。

教育費の目安と準備

子供手当を全額貯めておくと約200万円になりますから、半分くらいはなんとか準備可能です。

残りの200万円~300万円を0歳時からコツコツと18歳まで貯めていくと、均等割りで月額1万円~1万4千円

生命保険商品や学資保険を利用して準備していくのが一般的でしょうかね。

教育費を準備しない驚く理由

さて、この教育費ですが、何も準備をしていないという人が少なくありません。

その理由のダントツ第一位が、「貯金するって考えてもいませんでした」。

生活が苦しくて。

かと思いきや、弊所での回答は、「考えていない」が、多くなっています。

まあ、そりゃ、考えていなければ、準備はあり得ないよね。

小さな子供を持つママさんに大学資金準備の話をすると、
逆に、
「うちの子、大学へ行くんですか?」と、聞かれることもたびたびあります。

大学資金の準備意識のない家計では、一つ問題点が生じています。

それは、先に全額貯めたら200万円になるとご紹介した児童手当の使途です。

気になりますよね。

これは、予想通り、家計に全額が流れています。

子供手当は貯蓄に回しましょう

そこで、児童手当を貯蓄に利用できないか提案してみると、

「考えたこともありませんでした」という回答。

皆さん同じ。

そう、考えたことなけりゃ、貯蓄に回すこともないよね。

そりゃそうだ。

大学の無償化が議論され、家計における教育費負担が問題視されていますよね。

確かに、教育費は家計にずっしりとのしかかる支出。

とはいえ、考えてこなかったために、大学進学直前にお金がない。という状態の家計が一定数あるということも現実

自宅から通える範囲に大学がなければ、生活費も準備する必要がある

都市部であれば、教育費プラス交通費くらいの支出で済むでしょう。

一方、居住地が都市部でない場合は、一人暮らしコストもかさみます。

教育費は、子供が生まれた時から支出時期が明確な費用です。

金額もある程度把握することができます。

計画的に貯蓄しやすい費目です。

今一度、教育費の準備を考えてみませんか。

すでに大学入学目前のご家庭はこちらも合わせてご参考になさってください
間に合わない!奨学金では賄えない入学前の費用
奨学金を誤解していませんか
奨学金が借りられない人
奨学金の借り入れを減らすために児童手当を大学資金用に貯蓄する
他にも奨学金に関して書いています。
カテゴリーの奨学金をクリックして必要な記事を検索してください。