老後に2,000万円の貯蓄が必要?朝日新聞家計ボーエイ隊はいい企画でしたね

衝撃が走っていますね。
老後資金に2,000万円必要という報道。

金融審議会市場ワーキング・グループ報告書
「高齢社会における資産形成・管理」のP21に単純計算で1,300万円~2,000万円の資金不足が生じると記載があります。

このような報道がされると、こりゃ大変。
2,000万円貯めないと。
と、いう流れに走っていきます。

報告書にもある通り、当然ながら各人の生活スタイルによって不足する金額は異なります。
数字が独り歩きしないように、わが家のケースで考えていくことが大事になります。

まず、この試算は世帯主65歳以上、妻60歳以上であり、無職が前提です。
公的年金収入だけでは、家計は月5万円程度不足するというデータをもとに、
その月5万程度の不足を20年~30年続けた場合の試算額であるということを頭に置いておきましょう。

ということは、前提が変われば、必要資金額も変わることになります。

例えば、家計を助ける方法として次のようなことが考えられます。

・就業年数を延ばす
・夫婦で働く
・家計支出を減らす
・健康を保ち医療費を抑制する
・老後の固定支出を減らしておく

老後に備えたわが家にとっての必要資金を備えておくことが必要になるわけですが、
その金額は、各人の家計からしか割り出せません。

この報告書でもあるように、
長寿であることを踏まえて、公的年金額以外で必要になる資金額を考えていくことが大事だと。

家計管理とは、現役時代の収入で将来の貯蓄を含んだ支出を賄うことです。
このショッキングな報道に関しても、少し時間がたてばほとんど話題にもならないでしょう。
老後に2,000万円必要らしいと漠然と時折思い出すくらい。

そう思うと、2014年から1年間連載させていただいた、家計ボーエイ隊は良い企画だったなと思います。
毎月新聞に掲載されることによって、家計を考えるきっかけになりますから。
朝日新聞さん、再開しませんか?
ぜひ、お声掛けください。
と、宣伝入れつつ……

いつもお伝えしていることですが、どうにかなるというのは準備をしている人のことです。
なにも備えていない状態で、どうにかなるものではありません。
特に、貯蓄は。
働ける期間に備えていくしかないわけです。
そのうちやろうと思っていると、思わぬ事態(病気など)が生じて対応が難しくなったりします。

このような不安を抱えていませんか。

・現在家計に不安がある
・貯蓄が少ない
・家計が赤字である
・借り入れを起こしている
・住宅ローンなど退職後に返済の固定費がある

家計の抱える問題は、そのままにしておくと老後にデメリットが繰り越されていきます。
老後に繰り越していくのは、資産(貯蓄、健康、家族、友人、趣味など)です。
しかし、これらの資産は形成に時間がかかるものです。

家計の改善は今すぐがもっとも大事なポイントになります。
ご縁があって、このブログを読んでくださったのであれば、家計の改善をぜひ行ってください。
家計改善の方法は拙著【超・家計簿術】をご参照くださいね。