生命保険の見直し前に行うべき大事なこと

生命保険料を削減して家計を楽にしたい。
そんな思いから生命保険の見直しを検討される人が多いようです。

生命保険の見直し=生命保険料のカット
こういう図式を描いている人がいますが、これは間違えです。

生命保険の見直しは生命保険料カットを目的として行うのではありません。
わが家に適した生命保険の内容に微調整(大幅な変更のケースもあります)することです。

例え保険料が安くなっても、必要な保障までなくなっているのでは意味がありませんよね。

そもそも生命保険に加入する目的はなんでしょうか。
そこを考えれば、おのずと答えは見えてくるかと思います。

目的がわからない人は、少し考えてみてください。
何のために、生命保険に加入するのか?
なぜ、生命保険が必要なのか?

と、いうのも、既加入の生命保険内容を把握しておらず、
毎月せっせと保険料を支払っている人が多いからです。

加入している生命保険の主要保障内容も、よくわからない。
なにか加入している。
具体的には、「会社で〇年前に出入りの保険営業さんからなんか入った」
このようにお話し下さる方が多いのです。

民間の保険に加入しているから、ひとまず安心。
このような感覚ですね。

しかし、よくわからないものにお金を払わない。
お金の話をするときにいつもお伝えしていることです。

仮に、唐突に「毎月1万円払って」
と、言われたら抵抗しますよね?
何のために払うのだろうと疑問を持ちますよね。

お金は交換ツールです。
払うとなれば、1万円に見合うものが得られるのかどうか考えるわけです。
と、すると……
良く分からないものとでは、交換価値があるかどうか判断がつきません。

生命保険を見直そうと思ったら、
加入している生命保険の内容は確認しておいていただきたいと思います。
これが最初に行うことです。

次に、生命保険でカバーしたいことを考えてみましょう。
わが家のリスクをカバーするために利用するのが生命保険です。
まずは、わが家のリスクを把握していなければなりません。

わが家の家計にとってどんなことが大変なのか。
ここが大事です。
例えば、子育て中であれば、一家の大黒柱であるパパの万が一は大変なダメージです。
そのため、死亡保障を考えることになります。
どのくらいの死亡保障か。
これは、子供の人数や実家の支援、ママの就業、現在の生活レベルなどを加味して考えていくことになります。
学資保険に加入の有無も関係してきますね。

生命保険はわが家のリスクを低減させるために利用する。
そう考えるのであれば、生命保険の見直し効果として期待するのは、保険料の削減ではないはずです。

保険料の削減効果は、見なおした結果として保険料が安くなった。
と、いう結果論でしかありません。

保険を見直そうと思った理由が、保険料カットだけの問題であるならば、保険をいじる前に家計の見直しをおすすめします。
なぜなら、家計のひずみの標的が生命保険料になっていると思うからです。
契約は健康状態も関係してきますから、慎重に見直しを検討してほしいところです。

ご自分では難しいと感じる人は、家計の見直しと絡めて保険を同時にご相談できるFPさんに見てもらったほうがいいのかな。と、思います。