貯金なし家計を、2019年は脱出しましょう

貯金無い
といっても、いくらかはあるでしょ?
みんな口々に貯金ないよ~なんていうけど、全然ないってことは、まず、ないよね。
100万円くらいはあるんじゃないの?

そう思う人は、まだ甘い。

本当にない人います。
ゼロ。

収入にかかわらず、高所得者層でも貯金ゼロ家計は実在します。
月の収入が万が一何らかの理由で止まったら、即アウト。
借入がある家計もありますしね。

しかしね、このような家計でもなかなか切迫した危機感を持っていないケースもあり、そこが問題です。
マズイ。
そう思えば何らかの改善行動に移すのでしょうが、思わないから、動かない。
なんで、心底マズイ、ヤバいと思わないのか?
これはね、なんとなく家計がまわっているからなんです。

今日の朝ご飯に食べるものがない。
飲む水もない。

こういう状態にならなければ、ヤバさを感じない。
ここに、家計改善の大きな問題があるんです。

本人に危機感がないわけですから。

なんとなく、頭のどこかで、
どうにかなるかも。と、思ってしまっています。
今日明日をしのいで、なんとなくどうにか家計がまわっても、先の貯金はない。
しかも、家計運営の条件が一つでも変われば、一気に回らなくなる可能性が高い。

こんな重症患者さん。
痛みがないから早期発見がなかなかできない。

少なくとも、将来のための貯金ができていて、最低限の貯金を確保していること。
たとえば、離職や転職などのリスクカバーに、半年分程度の貯金を持っておくことです。
災害時にも生活再建に必要になりますよね。

手取り収入が25万円であれば、6カ月分は150万円。

病気になった時用の備えも欲しいところです。
50万円程度は確保しておくと安心ですよね。

これらを合計すると200万円。

もちろん、将来のイベント資金とは別途のお金です。
現在この金額(手取り25万円とした場合の目安)がなければ、早急に家計を改善しておきましょう。

なんとかなる。
は、いざ、予想していなかった事態が起こると何ともならないのです。
この予想していなかった事態が多いのが貯金のない家計の特徴。
貯金のある家計は、予期せぬ出来事が少ないんです。

この違いは、生活設計の有無にかかわってきます。
貯金のない家計は、支払期日が目前に迫ると、ようやくその支払いがあったことを認識します。
忘れていただけなのですが、予期せぬ事態として、金策に頭を悩ませることになります。

多い事例では、
車検、賃貸住宅の更新料などですね。
驚く事例では、子供の各学校への入学資金。
子供が生まれたときから、そのお金が必要になることがわかっていたよね。
しかし、用意していないから、直前になって慌てるわけです。

このように、貯金ゼロ家計は、生活設計がないという特徴があります。
貯金家計へ変身するためには、ここをクリアしていきましょう。

少なくとも、直近10年程度に起る支払いは予想しておきたいところです。
すぐにお金が貯まるわけじゃないですからね。

貯金ゼロはマズイ。
ここをしっかりと肚落ちさせて、生活設計の作成に取り組んでもらえたらと思います。
2019年は貯め家計に変身させていきましょう。
そのために行うのは、節約ではなく、ピザカット方式による家計の設計です