年末年始家計簿講座2018-2019開催しました

もう何年になるでしょうか。
毎年恒例の年末年始家計簿講座を今年も開催しました。
ここ数年は、自主開催講座となれば、この年末年始家計簿講座だけとなり、皆さんとお会いする機会として大切な講座と位置付けています。

講座受講料も、拙著持参で無料でご参加になれます。
とはいえ、内容に手抜きなし。

今回は、なぜ家計管理をしなければならないのか?
貯金とはいったい何なのか?
そんなお話しから、実際の家計管理手順をお伝えしました。

大事なことは、「知ってる・わかってる」という状態から「できる」に変えることです。
これがファーストステップ。
スマホやPCで手軽に情報にアクセスできる昨今では、あらゆる情報を手に入れることが可能です。
情報の信ぴょう性等云々はとりあえず置いておきましょうか。

たくさんの情報を得て、わかった気になっている。
こんな人が多いようです。

特に専門家さん向けの講座でお話ししていると、わかってるよ。という全身アピール。
しかし、実際に手を動かしてワークを行ってもらうと、できないんですよね。
出来るつもりでいる。
こんな人が多いように思います。

家計管理分野は特に身近で、人に今さら教わらなくても。
そんな意識がどこかにあることと思います。
そのため、そんなの知ってる、わかってる。
こんな意識が芽生えやすいのではないでしょうか。

本気で家計に取り組もうと思うのであれば、まずはやってみることが大事です。
実際に取り組んでみる。
この結果、不明確な部分が自分ではっきりとつかむことができます。
これが、実践から得る効果なんですよね。

まずは、やってみる。
練習しながら、「知っている」を「できる」に変えること。
その後は、反復練習。
「できている」に変えていくことです。

と、いうことはね、時間がかかるんですよ。
マジックじゃあるまいし、いきなり変えられない。
ダイエットだって同じでしょ?
痩せる!
と、決めたら次の日にスリムになってるわけないですから。

痩せるための練習が必要なわけで、家計も同じです。

だ・か・ら・・・・・

一日も早く取り組むといいんですよね。
それも、効果の出る正しい方法で。

そんなお話を90分でお伝えしました。
次回は23日(日)。
どうぞ、足を運んで聞いて行ってください。

もうお時間がないので、
お申し込みは、このHPお問合せからどうぞ。

ああ、拙著持参でない場合は、参加料1,000円頂戴いたしますね。