FB広告で逆算手帳なるものを知った。
逆算手帳。
素晴らしい。

実現したい事柄があれば、いまから未来へと向かう思考ではなく、未来から今。
そして、細分化。

逆算手帳をアマゾンで検索すると4,000円。
ちょっと、躊躇。中味を見たい。
三省堂にはなかった気がする。
広告通り、ハンズに行かないとダメなのだろうか。
衝動買いするにはお値段髙め。

そんな悩みは置いておいて、大事なことは「逆算」思考。

家計管理でも大事な視点は逆算。

例えば、5年後に150万円の車を買うとしよう。毎月少しづつ車貯金としてお金を貯めていく決心。

今月は2千円。
先月は家計が苦しかったからゼロ。
こんな感じで5年後を迎えると、まず間違いなくお金は貯まっていないから、150万円の車は買えない。

これはなんとなくご理解いただけると思う。

では、よく見かけるブログ等で、無理のない金額から毎月一定額貯金をする方法。
千円とか、一万円とか、家計によって無理にない金額は幅がある。

仮に、千円としよう。5年後には6万円貯まっている。
車内に敷くフロアーマットが買える?

じゃあ、1万円ならどうだろう。
5年後には60万円貯まる。買えるだろうか?

150万円の車。今からぼんやりと未来へ進むと、達成できない可能性が非常に高い。
では、どうすればいいのか?

この答えが逆算。

150万円の車を5年後に購入するためには。60カ月(5年)の期間でお金を準備すれば
いい。
毎月貯めていく金額は、2万5千円。(150万円÷60ケ月=2万5千円)この金額を貯める
ことができれば、5年後に購入が可能だとわかる。

夢が現実的になったでしょ?

2万5千円を毎月貯めることが難しいのであれば、夢の修正か、方法の修正が必要にな
る。

方法の修正を先に見ていこう。
毎月1万円貯めて、ボーナス時に9万円を車用に貯金。
これでも150万円になる。

金額の調整はわが家に合わせて行ってもらえばいいのだけれども、どうやらそこまでの貯金は難しいとなれば、夢の修正が必要になる。
150万円の車を100万円に下げるとか、5年後の購入を7年後に延ばすなどだ。

必ず実現させようと思えば、達成可能なように細分化していくことだ。
どの辺のラインが達成可能なのかを判断するとともに、どうすれば実現可能になるのか
考えて方法を探っていく。

このように夢が明確になるのが、逆算法の利点といえる。
私の提唱する家計管理法は逆算がベース。

ぜひ、取り入れて満足度の高い生活を手に入れてほしいと思う。