満足度が上がる共稼ぎ夫婦の家計管理法

寿退社という言葉も死語になりそうな昨今。
結婚、出産を経ながら仕事を続ける女性が増えているようです。

保育料が高い、受け入れ先が見つからない、病児保育枠が少ないなど課題を抱えている中、
頑張るママ。
家事、育児、仕事とフル稼働です。

家計管理まで手が回らないという声もよくいただきます。

共稼ぎ夫婦に多いのが、お財布別家計。
ご主人の収入を知らなければ、いくら貯金しているのかも見当もつかないというケースは珍しくありません。
ご主人が生命保険に入っているのかどうかさえも、わからないというママもいました。

お財布を別にしている家計では、生活費を出し合う、費目ごとに担当を決るなどの工夫をしているようです。
夕食の買い物を当番制にしている家計では、同じ口座から引き落とされるようにカードでコントロール。
生活費口座を作って、そこが空になると、二人で一定額を入金するという方法の方もいました。

このような家計の問題点は、家計の全体像が見えないことなんです。

全体像がつかめなければ、そこには必ず「むら・無駄・むり」が生じます。
計画的に家計を組み立てることができないからです。

子供がいないうちは表面化しにくい問題ですが、教育費の準備やマイホームを考え出した時に壁にぶつかります。
しかし、お金との付き合い方は習慣ですから、いきなり変えるのは難しいものです。

なるべく、早期に別管理から一元管理へと移行させることをおすすめします。

共稼ぎ家計は世帯収入が増えることもあって、別家計では支出は間違いなく膨らみます。
一元管理をしたとしても、同じことです。

お金があれば、その金額に合わせて支出が膨らんでいくのは自然な流れです。
とはいえ、夫婦の収入を合算してそれを家計収入としてしまうには大きなリスクが付きまといます。

ママの出産
保育園が見つからない
産後の体調悪化
子供に病気など長期で付き添う必要がある
両親の介護
他にも、自身を取り巻く環境によってリスクが付きまといます。

出産後に子供と離れたくないと、高収入のママが離職したケースもありました。

家計に与える影響が何かしらあっても、ダメージを受けづらくするような家計設計をしておくとは大事なことです。

共稼ぎ夫婦の家計設計でおすすめしているのは、パパの収入だけで生活することです。
ママの収入はないものとして、全額貯金しちゃいます。
これはちょっと辛い。
そういう場合は、ママの収入の1/2を家計収入に合算して、残りは貯金。

とにかく、ママの収入を全額家計に投入して、生活レベルを引き上げないことです。
子供の成長と共に、家計支出は多くなります。
そのピーク時には、ママの収入を全額家計に投入する必要が出てくることもあります。
その時期でも家計が耐えられるように、余裕部分をあらかじめ作っておくことです。
先を見越して、いまを目いっぱいの支出設計にしないことがポイントです。

二人で働いているのに、なぜかお金がない。

そんなジレンマをなくすためには、計画的にお金をコントロールしていく必要があります。