プリペイドカードで赤字家計に突入する恐怖

キャッシュレス化へ舵切を始めた日本政府。
消費税を10%へアップするタイミングに合わせて、キャッシュレス化の導入を店舗側に促進するようです。

日本は導入が遅れているといわれるキャッシュレス。
しかし、足踏みをそろえることにメリットはあるのでしょうか。
そのメリットは誰にあるのでしょうか。

キャッシュレスがもたらす心の会計への弊害。
実は、数年前に自分自身で実感しているんです。
スマホ契約のキャッシュバックがプリペイドカードに行われた時に……

その時は1万円キャッシュバックでした。
財布から現金を確認せずに物が買える不思議な感覚。
お金のやり取りがなくなると、こんな心の変化が起きました。

値段を吟味しなくなる

適当に商品を掴んでレジへ行き、カードを出す。
これで、買い物を済ませてしまうようになりました。

確かに、リアルタイムでカード残高の確認はできます。
しかし、ただの数字なんですよね。
血が通っていない。

財布からお金を出すときって、痛みも伴う時もあるわけです。
ああ、1,000円しかないのに、400円の買い物は痛いな。
350円のこっちにしとこうかな。
とか、
1万円札と少しの小銭が財布にあった場合は、
1万円を崩したくないな。
小銭で買えるもので抑えておこうかな。

こんな風に、買う前にちょっと考えるんですよね。

プリペイドカードに慣れてきたある日、はたと気づきました。
ヤバくない?
この感覚。

今まで、何十年もクレジットカードを持たず、ずっと現金でコントロールしてきたにもかかわらず、
たったの数日でそれが崩れてきてしまったのです。

便利さと引き換えに、支出をコントロールする能力がなくなってしまう。
怖くなったので、残額そのまましてプリペイドカードはお蔵入りになりました。

しかし、ここ最近のキャッシュレス化への流れを受け、再登場しました。
プリペイドカード。

完全キャッシュレスのファミレスが東京馬喰町に登場し、赤羽駅のホームにはキャッシュレスのコンビニ?が登場。
ちょっと、慣れておく必要もあるかもしれない。
そんな気もちで眠れる獅子を起こしてみました。

が、あえなく玉砕。

たったの2日で起こったのです。
現金なら買おうとも思わないちょっとコスト高のスムージー。
視界に入ってきました。
気付けば手に取ってる。
しかも、そんなに高くないかもね。なんて、買う理由を準備し始める。

ヤバいな。

と、今回も思いまして、またしてもお蔵入りになったプリペイドカード。
あっという間に気持ちがゆるくなってしまいます。

キャッシュレス化が進んで、リアルタイムで支出が記録、閲覧できれば家計管理が上手くいくって、
政府のキャッシュレスビジョンは
本当ですか??????