ボーナスが一カ月でなくなりました?

「ボーナスが一カ月でなくなりました」
ボーナスあるあるです。
「次のボーナスまでお金が持たないかもしれません」
ボーナスを生活費として当てにしている家計に多くみられます。

そもそも、支給前のボーナスが、すでに支払予定でラべリングされちゃっている。
その支出予定をひくと、使える金額は少ない状態なのに、家計赤字補てんに回されるからお金がすぐに無くなってしまう。
典型的な「計画のない家計」です。

ボーナスを当てにしすぎているわけです。
もちろん、楽しみにしてもいいんですよ。
しかし、楽しみにするのと当てにするのではチョット違います。

当てにする
の意味を調べると、心の中で期待し頼りにする。と、あります。

楽しむ
の意味を調べると、たのしいこととして期待すること。と、あります。

家計管理的なイメージとしては、お金の使い道がすでに決まっていて、それが入らないと困ってしまう状況。
これが、当てにする。
これから使い道を考えるのが、楽しみにする。
こんな感じでとらえてもらえるといいのかなと思います。

さて、困ってしまうのが、お金を手にする前に使い道が決まっているケース。
これは、
確定支出に対して未確定収入をイコールで捉えているところが最も危険です。
まだもらっていないお金を、もらう前に使っちゃっているわけですから。

ちょっと、まずいですよね。

もし、期待した分のお金が貰えなかったら?
いや、ボーナス自体が支給されなかったら?
前回分まで貰えていたからと言って、今回も当然のごとく支給されるとは限りませんよね?

そういう事態に陥った時の対処方法は考えていますか。

家計相談をしていると、ボーナスのほぼ全額が返済等に当てられちゃう家計もあります。
・住宅ローンの返済
・カーローンの返済
・ボーナス一括払いの購入返済
・固定資産税
・車検や自動車保険などの車関係費

とても怖いな。と率直に思います。

ボーナスが楽しみに使えていないのであれば、抜本的な家計改善の必要があるかもしれません。
と、いうのも、月の収入とボーナスを合わせて生活支出を賄って家計を回している からです。
生活支出は月の収入で賄っていくのが基本です。
ボーナスが期待している額に満たなかった場合に、支払いが滞ってしまうような家計設計はリスクが大きすぎます。

なんとかギリギリ回せてるから大丈夫。
では、ありません。
素人がいきなり綱渡りのロープを進んでいるようなものです。
今は、たまたま問題が先送りされているだけ。

これを読んでドキッとした人は、すぐに家計改善に取り組んでくださいね。