家計改善ができない人の特徴

家計が苦しい。
となると、家計を何とかしないと。って、思いますよね。
イロイロ雑誌みて情報得て、ネット検索かけてめぼしい記事読んでみる。

食費節約術とか、日用品100均術とか、
水道光熱費を浮かす方法なんかよく目にします。

こういう情報を得て、はて、家計改善出来た人はどのくらいいるのでしょうか。
多分、そんなに多くないと思います。
というのも、目先のテクニックでは本質的な改善はできないからです。

さらに、こういうテクニックって、続かない。
情報に触れたときは勢いあって、よし!やるぞ!と思うんだケド、
勢いって続かないんですよね。
これは、人間仕方ないところ。

だから、家計改善を行っていくときは、ゆっくりでいいから習慣を変えていくことなんです。
習慣を変える

どういうことかというと、人って何かしら癖があります。

例えば、二件のラーメン屋さんが近くにある。
でも、いつも行くのは同じお店。
スーパーが数件あるところでは、いつも行くメインのスーパーが決まってたりする。

お気に入り。
とまでは言えないんだケド、なんだかいつもそうしているからそうしないと違和感たっぷりで、いつもと同じように行動しちゃうわけです。

それを意識的に変えようとすると、軽くストレスがかかりますよね。
人は変化をあまり好まないんです。

「おやじ、いつもの! 」
なんて、酒場での台詞がありますが、いつも通りって、ストレスがなくて心地いい。

お金の使い方も同じです。
今のスタイルを変えていくことで家計改善ができるんですけど、やはりそれはストレスが生じてきます。
だから、長続きがしない。

節約術がそんなところですよね。
それ、いい。と思って、始めてみたものの、効果が劇的に目に見えるわけじゃないからモチベーションはダウンしちゃう。
続かない。
元通りの生活スタイル。

でもね、この元通りのスタイルだと家計が上手く回らなかったわけだから、改善していかないとまずいわけです。
そのために必要なことは、節約系の術じゃなくて、マインドチェンジ。

意識改革をする必要があります。
家計が改善しない人の特徴として、考え方を変えない人というのがあります。
その考え方で家計が上手くいかなかったよね?
と、思うのですが、変えようとしない。

例えば、支出を3費目で把握してみる。
という提案をしても、今まで通りにしたいと言って14費目に細かく分ける。
細かすぎてどの支出をどれに入れるのか毎月バラバラで、集計も大変。
よく分からなくなっちゃって、収集付かない。
と、いうことを繰り返す。

だから、家計改善の効果が早く出る人って、素直な人なんですよね。
言われた通りに一度やってみる。
しばらくだまされたと思ってやってみる。
効果でた。
そのまま続ける。
こんなパターン。

おお! 効果あり。
と、脳みそが認識すれば、必然的に行動は変わっていきます。
行動が変われば、結果が変わる。
これを繰り返すと、習慣化されて、それが日常になり家計改善が完了しているわけです。

自分のやり方に固執しない。
これ、大事です。