家計簿がどうしてもつけられない人は工藤静香INミュージックステーションをイメージする

家計簿がどうしてもつけられません!
続きません!

家計簿は毎日つけなくていいです。
1週間単位でレシート合算して記入。
これでも十分です。

さて、それさえもなかなかできない。
そんなお声を頂戴します。

そこで、どうしたら続くのか考えていきましょう。

例えば、工藤静香さんが今夜のミュージックステーションに出演する!としましょう。
まあ、誰もが工藤静香さんのファンではないんでね、そこは自分のお好みの歌手に変えてもらってもいいです。
で、例えもミュージックステーションって古いですが、そこはスルーで。

さあ、あなたならどうしますか?
私なら、何時に唄うかわからないので、とりあえず番組開始時間にはTV前にはりつきます。

そのためには、じゃあ、どうする?

仕事からすこし早めに帰る。
夕飯の買い物さっさと済ます。

夕飯速攻で作る。
お風呂秒速で掃除する。

洗濯、間に合わないから後回し。
食器洗い?それも番組の後。

あっという間に選択していく脳みそ。
工藤さんの優先順位がトップなら、ほかの優先順位は当然落ちるわけです。
すると、決断早いですよね。
何をして、何を後に回すか。

普段の生活の中でも常に選択をしています。
そして、意識していないまでも自分の頭の中で、優先順位が付けられています。

その優先順位から脱落した「後回し」ものが家計簿なんですよ。
だから、続かない。

時間空いたらやろう。
後でやろう。

そう思っていませんか?
この時点で優先順位が低いですよね?

本気でやろうと思ったら、自然と優先順位が上がります。
だから、決めてください。
家計改善するために家計簿付けようって。

それがスタートです。